JTEX ホームページ > ものづくり(技術) > 高分子材料入門

高分子材料入門
〜高分子化学からのアプローチ
  B23


● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
3か月 14,040円 16,200円

● ねらい  
高分子化学の基礎から高分子材料としての応用分野まで、幅広い内容を学習する!
 高分子材料は、鉄鋼など金属材料と並んで重要な役割を現在社会で担っています。19〜20世紀にかけてベークライトや人絹などの人造樹脂・人造繊維の開発が始まるなど、高分子化学がまず実用面から始まりました。1920年代に入り、巨大分子の存在が提案され、高分子化学の基礎研究も始まりました。この時以来、高分子化学の基礎と応用の研究は爆発的に拡がりました。
 巨大分子の化学が明らかになるにつれて、巨大分子は生命現象と最も関係深い分子であることがわかりました。また、高分子の材料の応用範囲が途方もなく広いこともわかりました。
 本講座では、高分子化学を基礎と応用の両領域で学習し、高分子材料の基礎概念を把握することをねらいとします。
● 学習目標  
高分子化学の生い立ちを学びます。
高分子の合成法を学び、これら生成物が展開する構造と物性の多様性を身につけます。
繊維、弾性体、電気材料、医療材料など、広い領域で応用されている、高分子が示す基本物性と応用物性との関係を習得します。
● 教材構成  
・テキスト1冊
・レポート回数:2回

No. 主 な 項 目
1 高分子とはどのようなものか
第1章 プラスチックのはじまり
第2章 高重合体が生成する条件
第3章 分子量の決定
第4章 高分子化合物の多様性
第5章 共重合体の合成
第6章 高分子が造る固体
第7章 高分子の力学的性質
第8章 ゴム(弾性体)が示す不思議な物性
第9章 高分子反応の応用
2 高分子はどのような場面で使われているか
第10章 材料としての高分子
第11章 高分子電気材料
第12章 さまざまな分野で使われる高分子材料
第13章 高分子材料の劣化と安定化
第14章 環境に優しい高分子
第15章 高分子の取扱い


◆ 受講者の声 ◆

  • 高分子材料について、業務上知りたかった点の記載が多くあって、とても役に立ちました。


  • 初めて高分子材料の基本的な内容を学ぶことができました。


  • 高分子の基礎を学ぶ導入として、非常にわかりやすく、ためになりました。


  • ボリューム・難易度ともに丁度よかったです。


  • 高分子の歴史、現状の使われ方など、知ることができ、参考になりました。


  • 高分子については初心者だったので、まだまだわからない点はありますが、受講することができて満足しています。


  • 高分子についてわかりやすく説明されていて、これまで知らなかった歴史から人名の付いた反応・テクニカルタームまで、数多くの知識を得ることができた。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)のみ
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロードして下さい。