JTEX ホームページ > 業界基礎 > 食品の安全対策講座

食品の安全対策講座
〜食品安全基本法対応〜
  B24



● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
2か月 14,040円 16,200円

● ねらい  
食品の安全性を追求し、企業の信頼を高める対策の具体的方法をマスターする!
 食品安全基本法の施行により、日本の食品に関する法律が体系化されました。この背景には、BSE(牛海綿状脳症)や遺伝子組換え農産物、農薬汚染など、日本人の食生活を取り巻く環境が悪化し、消費者の不安が年々大きくなっていることがあります。
 本講座では、具体的に食品の安全対策を高めるためにはどうすればよいか、企業全体で取り組むにはどうすればよいかを学習し、受講者が勤務される企業にあった最適な食品安全対策を構築していく力を身につけることをねらいとします。
● 学習目標  
食品の安全性の向上とはどのようにすればよいのかを図表やチャートでわかりやすく解説します。
実際に使用できる手順書や帳票などにて解説します。
● 教材構成  
・テキスト1冊
・レポート回数:2回

No. 主 な 項 目
1 食品添加物、遺伝子組換え農産物など、
主に現在の食品の安全についての問題点を学習する
 序 章 現代社会の食品の安全性とは

  安全はすべてに優先する  自らも消費者の一員
  安全と信頼は人が作る  食品の安全の基本を学ぶ
 第1章 食品添加物について
  食品添加物にはどのようなものがあるか
  食品添加物をめぐる動き  食品添加物と企業の取組み
 第2章 遺伝子組換え農産物の問題
  遺伝子組換え農産物とは  遺伝子組換え農産物の表示
  遺伝子組換え農産物と企業の取組み
 第3章 農薬の残留問題
  農薬の使用基準  残留農薬基準について
  残留農薬に対する法規制  農薬・農産物に対する企業の取組み
 第4章 食品のアレルギーについて
  アレルゲンに指定されている品目  アレルギー物質の表示
  子を思う親の気持ちを考える
 第5章 食品衛生(食中毒の予防と対策)
  食品衛生を高めるのは従業員  食中毒の原因菌を管理する
  食品衛生の眼を養う
2 食品関連の法律、品質管理の手法など、
主に食品の安全のための取り決めやシステムについて学習する
 第6章 食品関連の法律を学ぶ

  食品安全基本法について  食品関連8法案の概要
  食品衛生法の体系  JAS制度について  適正な食品の表示
 第7章 包装・容器の問題
  環境問題はすべての企業に関係する問題  容器の材質の表示
  LCA手法の実践  資材の管理、ダンボールにも注意を払う
 第8章 食品の品質管理
  食品の品質を管理するのは人の五感
  HACCPの仕組みを理解する
  HACCPの導入の手順  ISO9000について
 第9章 トレーサビリティー
  BSEの拡大した理由を考える  現在の加工食品の問題点
  トレーサビリティーを実施する
 第10章 企業間で協調して取り組む
  食品安全のSCMの構築をめざして
  価値連鎖の価値を「安全・安心」に置く
  QCDを企業間協調で追求する


◆ 受講者の声 ◆

  • 食の安全に対し、全員で取り組んでいかないと大きな事件が起きうる点について、よく学べだと思います。


  • 今まで食の法律の知識に不安があったので、わかりやすく書いてあったのが良かったです。


  • 広く食品関係の知識を得ることができました。


  • 食中毒について詳しくわかり、食品は安全第一だと思いました。


  • 現在トレーサビリティーを導入していますが、実際に現場で記録を取っている人たちが基本的なことをよく理解できていないまま使っているので、このテキストを参考に再度指導していこうと思います。


  • テキストが1冊にまとめられており、読みやすかった。


  • HACCP、ISO9001、その他法令について幅広く触れていたのでよかったです。


  • 広く学びたかったので大変よかった。


  • 添削やアドバイスがわかりやすく、どこを勉強するべきかがすぐにわかり助かりました。


  • 食品安全に関わることがわかりやすく書かれていた。


  • 食品に関する法令は多くあるため、1冊に簡単でもまとまっている点がよかった。


  • 製造に関わっている業務の中で、チェックシート等の記録の必要性や、アレルギーや食中毒のこと等も勉強できてよかったと思います。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)のみ
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロードして下さい。