JTEX ホームページ > ものづくり(技術) > 知的財産権入門

知的財産権入門
(特許調査・出願から特許戦略・権利行使まで)
  B55



● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
3か月 16,200円 18,360円

● ねらい  
特許の基礎知識を身につけ、これからの特許戦争を勝ち抜こう!
 近年、産業界をはじめ、大学、研究所、行政に至るわが国全体で、知的財産権について真剣に検討が行われはじめています。
 1993年に数学的解放特許、1995年には電子マネーに関する特許、1997年にソフトウエアの媒体特許が認められました。技術進歩に伴って特許法の改正や追加等が行われ、1998年以降はインターネットを応用した電子出願時代を迎えるまでになっています。企業においても、ここ最近、知的財産権の重要性が問題視されるようになってきています。
 本講座では、知的財産権に関する基礎知識から、特許戦略、特許権利行使までを学びます。
● 学習目標  
知的財産権に関する基礎知識を習得します。
特許明細書の書き方について学びます。
企業の特許戦略について学びます。
● 教材構成  
・テキスト1冊
・レポート回数:2回
*このコースは、3か月コースですが、レポートは提出は2回です。

No. 主 な 項 目
1 知的財産権(主に特許法)の概要
1章 知的財産権とは

 知的財産権とは  企業での特許戦略  特許法
2章 特許出願から審査請求、登録まで
 日本国での特許出願から審査請求、登録までの一連の流れを理解します。
3章 アイデアを特許にするには
 発明的問題解決理論「TRIZ」の概要について理解します。
4章 ビジネスモデル特許とは
5章 特許明細書の書き方

 特許明細書の書き方について学びます。
2 6章 特許戦略の基礎
 特許戦略の概念  特許を生み出す  特許の概念
 特許の世界観を把握
 ポジショニング論の基礎(インパクトの概念)  組織論
7章 知的財産権関連資料編
 世界の特許権について  世界における特許の潮流
 アメリカの特許戦略(プロパテントとアンチパテント)
 世界の中での日本の特許戦略 他
8章 特許ライセンス料
 特許ライセンス料について  特許ライセンス料とは
 ライセンス料の目安  ライセンス料の算出方法
 知的財産の価値評価 他


受講者の声

  • レポートの講評に手書きでしっかりと励ましの言葉を書いてあり、良かった。


  • あまり普段学ぶ機会がない内容なのでとても勉強になった。


  • 多岐にわたる内容なので、多少理解しにくい所も見られたがほぼ理解できた。


  • ビジネスモデル特許について正しく覚えられた。


  • 特許庁ホームページにて、さまざまな情報が提供されていて、一般市民(特許とは縁遠い私でも)に情報サービスがあると知ることができた。


  • アイデアの発想にブレインストーミングを用いて話し合いをしたことはありましたが、TRIZの発想は面白く、興味がわいた。


  • 権利侵害・防衛についてよくわかりました。


  • 業務上、必要な事柄を自宅で学ぶことができた。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)のみ
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロードして下さい。