JTEX ホームページ > 資格取得準備 > エネルギー管理士受験講座(熱分野)

エネルギー管理士受験講座
(熱分野)
  D40



テキスト内容を見る

受講者の声

★ 熱についての、幅広い知識が学習できました。

★ 例題による学習で、一つひとつの内容を確実に覚えていくことができました。

★ 余白も多く、書き込みができ学習しやすかったです。

★ 章末問題は本試験と同じ形式でしたので、試験対策として役立てることができました。


『エネルギー管理士』についての詳細は[こちら]へ。

● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
6か月 32,400円 34,560円

● ねらい  
エネルギー管理士(熱分野)資格取得の実力を養う!
 工場をはじめオフィス、病院、ホテル、デパートなど、大量の熱や電気のエネルギーを使用する事業場には、合理的なエネルギーの使用を管理するエネルギー管理士を置くことが義務づけられています。エネルギー管理士は、省エネルギー法に基づく国家資格です。
 エネルギー資源の乏しい日本にとって、エネルギーを可能な限り有効に使用することは重要なことです。また、東日本大震災に伴う原子力発電所の停止により、エネルギー政策の見直しを求められている今日、エネルギーの合理的使用については、今まで以上に意識され、エネルギー管理士はこれからますます必要とされる資格となるでしょう。
  エネルギー管理士は、熱分野と電気分野の学習より取得する方法があります。本講座は、熱分野の学習からエネルギー管理士の資格取得をめざす講座です。試験内容に即したテキスト構成、豊富な例題と章末問題で、はじめての方でもしっかりとした受験準備ができる講座です。また、ボイラー・タービン主任技術者を取得され、エネルギー管理士をめざしている方へもおすすめの講座です。
● 講座の特色  
エネルギー管理士(熱分野)の資格取得にチャレンジする実力を養成します。
例題と章末問題で、過去問題の学習ができます。
● 教材構成  
・テキスト6冊
・レポート回数:6回

No. 主 な 項 目
1 課目T エネルギー総合管理および法規
1章 エネルギー情勢・政策、エネルギー概論
 T エネルギー情勢・政策
  1.世界のエネルギー情勢 2.日本のエネルギー情勢
  3.地球温暖化 4.京都議定書 5.長期エネルギー需給見通し
  6.再生可能エネルギー買取制度
 U エネルギー概論
  1.SI単位 2.エネルギーの形態 3.各種発電方式
  4.エネルギー貯蔵とヒートポンプ
2章 エネルギー管理技術の基礎
  1.エネルギーの消費原単位 2.熱エネルギー管理
  3.電気エネルギー管理
3章 エネルギー管理基準(判断基準)
  1.工場等判断基準 2.基準部分(工場) 3.目標・措置部分(工場)
  4.その他のエネルギーの使用の合理化に関する事項
4章 エネルギーの使用の合理化に関する法律および命令
  1.「省エネ法」の構成 2.平成20年度法律改正の目的
  3.おもな改正内容 4.エネルギー使用の合理化に関する法令
  5.法律および命令
2 課目U 熱と流体の流れの基礎
1章 熱力学の基礎
  1.熱力学の基本事項  2.熱力学の第1法則  3.理想気体
  4.熱力学の第2法則とその応用  5.ガスサイクル熱機関
  6.蒸気と蒸気サイクル  7.湿り空気
  8.冷凍サイクルとヒートポンプ
3 課目U 熱と流体の流れの基礎
2章 流体工学の基礎
  1.流体の物性と静力学  2.流れの状態と基礎方程式
  3.粘性流体の流れ  4.流体機械
3章 伝熱工学の基礎
  1.伝熱工学の基本事項と熱伝導  2.熱放射
  3.熱伝達  4.熱交換器
4 課目V 燃料と燃焼
1章 燃料
  1.各種燃料  2.気体燃料  3.液体燃料  4.固体燃料
  5.バイオマス燃料  6.燃料の試験法
2章 燃焼管理
  1.燃焼の基礎現象  2.気体燃料の燃焼  3.液体燃料の燃焼
  4.固体燃料の燃焼  5.燃焼ガスの測定法  6.燃焼設備と燃焼管理
3章 燃焼計算
  1.燃焼計算  2.燃焼計算の具体例  3.燃焼計算問題の分類
5 課目W 熱利用設備およびその管理
1章 計測
  1.計測の基礎知識  2.温度計測
  3.流量計測  4.圧力計測ほか
2章 制御
  1.自動制御  2.ブロック線図、ラプラス変換、伝達関数
  3.PID制御  4.応答特性と安定性
3章 ボイラ、蒸気輸送・貯蔵装置
  1.ボイラの分類  2.構成機器  3.ボイラ容量・性能
  4.ボイラ効率向上対策と環境対策  5.蒸気輸送・貯蔵
4章 蒸気原動機・内燃機関・ガスタービン
  1.蒸気原動機  2.内燃機関  3.ガスタービン
  4.コンバインドサイクル、コジェネレーション
6 課目W 熱利用設備およびその管理
5章 熱交換器・熱回収装置
  1.熱交換器の分類  2.熱交換器の温度分布と交換熱量
  3.熱交換器の性能評価  4.熱交換器の省エネ対策
  5.熱回収装置
6章 冷凍・空気調和設備
  1.冷凍設備  2.空気調和設備  3.空調設備の省エネ対策
7章 工業炉・熱設備材料
  1.工業炉  2.熱設備材料
8章 蒸留・蒸発・濃縮装置、乾燥装置、乾留・ガス化装置
  1.蒸留・蒸発・濃縮装置  2.乾燥装置  3.乾留・ガス化

支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)のみ
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロードして下さい。