JTEX ホームページ > マネジメントスキル > エピソードで学ぶ「課長飯田橋の人材育成奮闘記」

エピソードで学ぶ
「課長飯田橋の人材育成フォローアップマネジメント奮闘記」
  H14



テキスト内容を見る


● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
2か月 15,120円 17,280円

● こんなコースです  
さまざまな人が働く職場の中で管理者としての人材育成フォローアップマネジメント力を磨く
課長としての大きな仕事の一つはスタッフの育成です。自分の下で働く人材をいかに育て会社の業績につなげるかが、課長としての評価となります。多様な個性を持つ人材をどう育成していくか、新任課長飯田橋と一緒に人材育成のポイントを学んでいきましょう。
● ねらいと特色  
人材育成のポイントを確認し、管理職としての考え方や行動を学びます。
コメディタッチのエピソードで、職場で求められる管理職の人材育成についての能力を楽しく学べるケースメソッドです。
テーマごとに「エピソードを読む⇒人材育成の視点を考える⇒解説でポイントを理解する」の形式で学習します。
● 教材構成  
テキスト1冊
レポート回数:2回

No. 主 な 項 目
1 〔エピソード1〜エピソード14〕
 とある中堅食品メーカー、研究開発部門の係長飯田橋に課長昇進の辞令が交付された。新しい配属先は「お客さま本部 第一課」。未経験の部門でさまざまな個性の部下たちを相手に飯田橋は管理者として課をまとめようと試行錯誤の日々を送る…。
 課の長として向き合わなければなれない、人材育成のポイントを学びます。

 学習テーマ
  新たな自己啓発チャンス  他を育む力・フォローとは何か?
  期待値とは何か?  水準を高めるための“目のつけどころ”
  なぜ“成功体験”が必要なのか  “適度な失敗”をどう体験させるか
  OJTをもっと有効化させるための着眼点  他
2 〔エピソード15〜エピソード23〕
 課長として少しずつ自信を持ちはじめた飯田橋。自分なりの人材育成で課のチーム力を上げ業績アップを試みる日々。一方、部内の業務が増える中、お客さま本部内でトラブルが…。
 課長として、チームをまとめていくための人材育成のポイントを学びます。

 学習テーマ
  「“自立した人材”になるということの重要性」をどう理解させるか
  「これからの働き方」をどう捉えさせるか
  性差や環境差をどういたわり合うか  チームワークの実施目的は何か
  どうやって職場全体を活気づかせるか  他

登場人物関係図
 <牛込食品工業(株) お客さま本部>
 神楽坂部長
  第一課 飯田橋課長――本郷係長――御徒町さん(入社5年目)――両国君(入社2年目)
  第二課 春日課長―――上野係長――蔵前君(入社5年目)―――森下さん(入社2年目)


支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)
のみです。
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロード
して下さい。