JTEX ホームページ > 現場力(生産・製造) > 職場の効果的コストダウン

職場の効果的コストダウン   I27


● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
4か月 18,360円 20,520円

● ねらい  
コストの発生要因から対策まで、多くの事例でコストダウンを学ぶ!!
 企業が適正な利益を得て永続し、かつ発展していくためには、“コストを安くし”“良い品質の製品を早く生産する”という生産活動をしていかなければなりません。いわゆるTCR(Total Cost Reduction:全社的に行うコストダウン)活動です。
 本講座は、以上の考え方を前提とし、理解しやすいように、多くの事例をあげて、図入りで解説しています。
● 学習目標  
生産活動におけるコストの意味を理解し、全社的コストダウンの本質を理解します。
人・作業方法・材料・設備などの面から具体的なコストダウンを身につけます。
● 教材構成  
・テキスト2冊
・レポート回数:4回

No. 主 な 項 目
1 コストの意味、原価算定の目的を学ぶ
 ・生産ではどのようにコストがかかってくるか
 ・コストの構成はどのようになっているか
 ・原価算定はどうするか
 ・生産量とコストの関係
 ・コストダウンの基本的な考えかた
 ・作業時間からのコストダウンの考えかた
 ・操業度と機会損失
2 作業時間の有効的な使い方を学ぶ
 ・人の面からのコストの引下げ
 ・作業時間の有効的な使い方
 ・標準時間の設定の活用のしかた
 ・作業改善によるコストダウン
 ・動作研究からのコストダウン
3 動作研究と効率的な工作物の取り付け・取り外し作業を学ぶ
 ・労働力を機械力に移転しよう
 ・段取り時間からみたコストダウン
 ・ローディング作業からアンローディング作業までの容易化
4 製造工程における品質責任、不良防止について学ぶ
 ・製品分析および材料計画からのコストの引下げ
 ・材料調達および現品管理からのコスト引下げ
 ・不良防止によるコストの引下げ
 ・品質責任と検査からのコスト引下げ


受講者の声

  • 基礎の復習ができ、忘れていたことを思い出させてもらえました。

  • 普段は設備保全の業務のため、お金の流れなどの勉強をする機会がなかったので、通信教育の機会で学習することができてよかったです。

  • いろいろな視点からコストダウンのことを学習できました。特に、製品分析や材料調達からのコストの引き下げについては、これからの設計業務に役立つと感じました。

  • コスト削減には、いろいろな方法があることを理解できました。

  • 日常の作業がコストダウンにつながっていることに気づくことがありました。また、学習後、作業に取り組むとき、意識的にコストダウンについて考えるようになりました。


支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)
のみです。
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロード
して下さい。