JTEX ホームページ > 現場力(生産・製造) > 生産管理シリーズ「品質管理と原価管理」

生産管理シリーズ
品質管理と原価管理
  I48


● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
4か月 19,440円 21,600円

● ねらい  
リーダーのための実力養成シリーズ!!
 企業繁栄のための3要素である、(1)品質の保証、(2)原価の低減、(3)納期の確保を同時に実現していく方法を見つけだすためには、(2)の原価と(3)の納期を常に考慮に入れながら、(1)の品質保証の方法を考えていきます。ここでは、品質管理、原価管理とはどのようなことかを説明し、上記のことがらを含めた管理の仕方を解説します。
〈品質管理編〉
実際の生産現場で役立つように、品質管理活動の段階的な進め方、統計的手法や管理図の書き方などから抜取検査、相関と回帰まで全般にわたって解説します。
〈原価管理編〉
原価管理の目的を達成させるための原価計算の方法、原価・損益などを解説します。
● 教材構成  
・テキスト2冊
・レポート回数:4回

No. 主 な 項 目 (品質管理)
1 第1章 品質管理の考え方
 品質とは 管理とは 品質管理とは 品質管理の進め方
 検査と品質管理 標準化 クレーム処理
第2章 統計の基礎知識
 データのとり方 母集団とサンプル 統計量 分布
 統計的検定と推定 相関関係
2 第3章 品質管理の手法とその活用
 特性要因図 ヒストグラム 層別 パレート図
第4章 管理図の種類とその活用
 管理図とは 管理図の種類 管理図の見方
第5章 抜取検査の種類とその活用
 検査の計画 抜取検査 サンプリング OC曲線

No. 主 な 項 目 (原価管理)
1 第1章 原価管理の目的と原価の構成要素
 原価管理とは 原価管理の構成要素
 原価管理の目的 原価管理の必要性
第2章 原価計算
 原価計算の意味
第3章 標準原価計算と考慮を必要とする原価
 標準原価とは 考慮を必要とする原価
2 第4章 損益分岐点分析
 損益分岐点とは 損益分岐点図表
第5章 原価低減のためのアプローチ
 原価低減の重要性 VE手法による原価低減


受講者の声

  • データのとり方や管理図など、以前学んだことの復習ができました。また、検査についての新しい知識を学ぶことができました。

  • 品質管理や検査に関する知識には、今まで漠然としかわからなかった部分がありました。この講座ではわかりやすく述べてあり、理解を深めることができました。

  • 品質管理の考え方から、手法や活用法などがわかりやすく解説してありました。理解しているつもりで、あやふやなところがあったことに気づきました。

  • テキストを読むことによって、確認の意味も込めて見ることができたのでよかった。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)
のみです。
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロード
して下さい。