JTEX ホームページ > ものづくり(技術) > とことんやさしい「図面の読み方」

とことんやさしい「図面の読み方」   M39



テキスト内容を見る


● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
3か月 16,200円 18,360円

● ねらい  
描いて読む!新感覚製図講座
 製品をつくるためには、製品を設計するための図面があります。設計の図面には、製品となるものの形状や機能、装飾など、製品についてのあらゆる情報が描かれています。図面を読むことができれば、その製品のすべてがわかるといっても、過言ではありません。
 本講座は、製図を専門にしていない人を対象とした、図面をどこから、どのように見ていけばよいかという視点を身につけるための講座です。図面を読むための基本となる、図形に対する感覚を、実際に立体を描くことで身につけていきます。
● 学習目標  
図面の読み方の基本を学習します。
図面の見方の基本を身につけます。
図形に対する感覚を身につける。
● 教材構成  
・テキスト1冊(A4版 2色刷り)
・レポート回数:3回

No. 主 な 項 目
1 第1章 立体絵を平面に表す方式
 1.投影法(三角法)
 2.投影図の選び方と配置
第2章 平面を立体に表す方法(品物の形状をわかりやすく表す方法)
 1.キャビネット図
 2.等角図
第3章 展開図
第4章 製図の決まり StepT
 1.線の種類と用法
 2.図面に用いる文字
第5章 大きさの表し方(寸法記入法)
 1.寸法記入の基本ルール
   寸法記入の一般原則
 2.いろいろな寸法記入の方法
   寸法補助記号  直径の表し方  半径の表し方  角度の表し方
   正方形の辺の表し方  穴の寸法の現し方
   板厚の表し方  面取りの表し方
 3.特殊な寸法記入の方法
   こう配の表し方  テーパの表し方
2 第6章 図形の表し方
 1.品物の内部の表し方(断面図示法)
 2.特別な図示法
 3.図形の省略
第7章 図形の決まり StepU
 1.製図用紙の大きさ
 2.図面の様式
   図面制作の準備  表題欄  部品欄  尺度
 3.図面の保存(折り方)
第8章 表面の粗さなどの表し方(表面性状)
 1.表面性状
 2.表面性状パラメータ
第9章 許される誤差の大きさの表し方
 1.寸法公差
 2.はめあい
第10章 ものの形や姿勢の許される「ゆがみ」と位置の「ずれ」
 1.幾何公差
 2.幾何公差の種類
 3.幾何公差の図示方法
3 第11章 機械要素の表し方
 1.ねじの製図〔screw〕
 2.ボルト・ナット・小ねじ・止めねじ・座金の製図
 3.軸継手の製図
 4.軸受の製図
 5.歯車の製図
 6.溶接継手の製図
 7.ばねの製図
 8.バルブおよびコックの製図
 9.キーおよびピン・止め輪の製図
 10.機械要素の製図例
第12章 CADによる製図
 1.CADシステムの概要
 2.3DCADシステムの主な機能
 3.3DCADによる作図
 4.3D単独図の表し方
 5.CADシステムの利用



◆ 受講者の声 ◆

  • 基本的なことが学べてとても勉強になった。


  • 図面は寸法を読む程度の知識しかなかったが、さまざまな記号や許容値等についても理解することができた。


  • 図面の中にもさまざまな表し方があり、知らないことが多かったのでよかったです。


  • 何も知識がない私でも理解しやすかった。製図の量が多くよかった。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)
のみです。
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロード
して下さい。