JTEX ホームページ > ものづくり(技術) > シーケンス制御の基礎(自動化のしくみ)

シーケンス制御の基礎
(自動化のしくみ)
  S38



テキスト内容を見る

● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
3か月 17,280円 19,440円

● ねらい  
現場保全技術者のためのシーケンス制御基礎講座!!
 生産工場の設備や機械の自動化・省力化・無人化に対し、あらゆる制御技術が適用されています。なかでもシーケンス制御は最も基本的な技術であり、重要な役割を担っています。シーケンス技術の歴史は古く、50年前には実用化が確立され普及してきました。しかし工学的理論の体系化が遅れていて「現場の実学」と言われてます。
 シーケンスの原点は有接点リレーですが、プログラマブルコントローラの普及によりPCプログラムでのシーケンスロジックの学習が不可欠となり、大幅な改訂を行ないました。
 本講座は、工場設備の保全を担当している技術者を対象に、制御のABCからリレー回路を中心にした実際のシーケンス制御の考え方、図面の読み方、保全の基礎知識などを習得できるように構成されています。また、PCによるプログラム事例も紹介しております。
● 学習目標  
シーケンス制御の基本概念が理解できます。
リレーシーケンスの基本的回路が理解でき、簡単な回路が組めるようになります。
● 教材構成  
・テキスト2冊
・レポート回数:3回

No. 主 な 項 目
1 シーケンス制御の概念を学び、制御機器の種類と使い方を理解する
1章 オートメーションとシーケンス制御
 ・制御とは  ・制御の種類  ・シーケンス制御の構成
 ・シーケンス制御の役割  ・シーケンス制御の歴史
2章 制御機器の種類
 ・制御機器の分類  ・論理回路用機器(電磁リレー、タイマ、カウンタ)
 ・指令用機器(操作スイッチ 他)  ・検出用機器 マイクロスイッチ 他
 ・制御操作用機器 モータ駆動基本回路 他
 ・表示・警報用機器 表示灯 他
 ・操作駆動用機器 モータ、電磁クラッチ 他
 ・配線用器具 電線とケーブル、ヒューズ
 ・制御盤(開放型制御盤、閉鎖型制御盤 他)
2 シーケンス論理回路の基礎を理解し、回路図面の表現方法を学習する
3章 シーケンス論理回路(有接点リレー)
 ・反応槽のシーケンス
 ・基本回路(ON回路、OFF回路、切換え回路、AND回路、INHIBIT回路 他)
 ・組合せ論理回路(AND-NOT回路、OR-NOT回路、不一致回路、一致回路 他)
 ・順序制御論理回路  ・インタロック回路  ・運転インタロック
 ・タイマ回路
  オンディレータイマ、オフディレータイマ、パルス発生回路、フリッカ回路 他
 ・簡易油圧プレス装置
4章 プログラマブルコントローラ(PC)
 ・PCの動作原理  ・FAにおけるPC 他
5章 PCのシーケンスプログラム
 ・有接点リレーとの違い  ・入力リレーと出力コイル
 ・リレー回路のプログラム命令  ・パルス(微分)接点回路
 ・タイマ回路  ・カウンタ回路  ・プログラム演習例題
3 6章 シーケンスの表現
 ・表現法の種類  ・フローチャート
 ・タイムチャート  ・シーケンス回路図
7章 シーケンス制御回路
 ・電動機の始動シーケンス制御  ・工作機械のシーケンス制御
 ・簡易エレベータのシーケンス制御  ・移載装置のシーケンス制御
 ・給排水設備のシーケンス制御  ・輸送設備のシーケンス制御 他
8章 シーケンス制御システムの保守・点検
9章 シーケンス制御に関する規格



◆ 受講者の声 ◆

  • とてもわかりやすく、電気の初心者にも十分に理解できるものだと感じました。


  • テキストに厚みがあるので,見ただけではたいへんだと思ったが,内容がわかりやすかったので,最後まで学習できました。


  • 図による解説がわかりやすく,今後も手元に置き,業務に活用していきたいと思えるものでした。

  • シーケンス制御を構成している機器や、ラダープログラムの基本が理解できました。


  • 仕事の場にシーケンス制御の設備が多くあるので、受講できてよかったです。


  • 電気系保全技能士のコースを昨年受けたので、よい復習となりました。


  • テキストがわかりやすく理解しやすかった。


  • 今まで何となく理解していた部分が具体的に何を表していたのか理解することができた。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)
のみです。
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロード
して下さい。