JTEX ホームページ > 現場力(生産・製造) > 設備保全管理の実際

設備保全管理の実際   S40


● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
4か月 18,360円 20,520円

● ねらい  
新しい設備保全の考え方を企業に
 設備保全といえば、ともすると保全部門の独占分野と考えられがちですが、実は現場の運転部門との関係は、ひときわ深いものです。とくに運転部門における日常保全は、設備の劣化の防止に役立ち、劣化による損失を大幅に削減することができます。
 また、設備管理を“設備の一生涯”、すなわち設備が生まれるまでの段階と、生まれてからあとの段階のすべてを対象とし、一生涯を通じて設備を有効活用することによって、企業の生産性を高めることができます。
 さらに全社的にTPM(Total Production Maintenance)すなわち、“全員参加のPM”を展開することにより、設備効率を最高にすることはもちろんのこと、動機づけ管理にも役立ちます。本講座では、これらをねらいとした学習をします。
● 学習目標  
設備保全の全容を体系的につかむことができます。
運転部門と保全部門の役割が明らかになり全社的に設備保全体制が確立されます。
FA時代にそなえ、実践的な設備保全に取り組むことができます。
● 教材構成  
・テキスト2冊
・レポート回数:4回

No. 主 な 項 目
1 劣化損失の要因をさぐる
 1章 設備管理とは
 2章 設備管理の必要性
 3章 設備劣化とは
 4章 性能劣化による損失
2 保全活動の役割を学び、故障問題に取り組む
 5章 性能劣化対策
 6章 故障と信頼性
 7章 工事管理
3 企業に即応した保全組織を考える
 1章 保全組織の分類
 2章 設備保全の沿革
 3章 設備保全の進め方
4 費用概念と効果測定を学ぶ
 4章 工具の管理
 5章 保全用資材の管理
 6章 取り替え・更新問題の経済計算
 7章 これからの設備保全



◆ 受講者の声 ◆

  • 設備保全管理のあり方や手法、分析のしかたなど、わかりやすく学ぶことができました。


  • 改めて保全業務を見直すことができ、自職場を効率的に運営するヒントが見つけられました。


  • 設備保全に対する考え方の基礎固めができました。


  • 今まで漠然と聞いて頭に入っていた単語、言葉の意味を改めて勉強することができました。


  • 性能劣化、故障と信頼性、TPMの効果測定、経済計算の方法など、基礎知識および定量的な評価手法について、学ぶことができたことは有意義でした。


  • 保全業務に関してより深いところまで学ぶことができ、今後の仕事に応用できそうな部分をたくさん見出せた。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)
のみです。
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロード
して下さい。