JTEX ホームページ > ものづくり(技術) > PCによるシーケンス制御

PCによるシーケンス制御   S45


● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
3か月 16,200円 18,360円

● ねらい  
現場で活かせるシステム回路の構築をめざす!!
 現場の実学といわれるシーケンス制御は、自動化システムが大きくなるにつれてどのような場面でも安定したシステム構築が要求されています。
 わかりやすいシーケンス回路の考え方の導入から安全回路の組み方、安定した回路の標準化の要求、システム異常発生時にダウンタイムを最短にする異常監視回路や予防保全回路の導入まで、PCによる自動制御への要求は、数多くあります。
 本講座では、安定したPCによる自動制御のシーケンス回路について、回路構築の例題集を用い、PC初心者から経験者までを対象にわかりやすく説明します。
● 学習目標  
リレーシーケンスの考え方を、そのままPCのラダーシーケンス回路に置き換えることを理解するとともに、実際に役立つPC中心の制御盤の組み方を学びます。
● 教材構成  
・テキスト2冊
・レポート回数:3回

No. 主 な 項 目
1 1章 自動化とは
2章 シーケンス制御とは
3章 安全回路

 ・モータの運転インタロック ・手動運転回路
 ・オーバーランリミットスイッチ ・手動選択と自動選択
 ・非常停止 ・エリアセンサ
4章 シーケンス回路の考え方
 ・自動化システムの考え方 ・シーケンス回路の検討
 ・異常時のシーケンス回路 ・シーケンス回路と配線ケーブル
 ・入力リレー、出力リレー
2 5章 シーケンス回路とPCによるシーケンス回路
 ・リレーシーケンス回路とPC用のシーケンス回路
 ・ステータスエリアの仕組み ・PCの歴史
6章 PCの各種モジュール
 ・PCとノイズ ・PCの各種モジュール
3 7章 シーケンス回路の基礎
 ・シーケンス回路とラダー回路 ・PCの解読方式
 ・PCの命令と回路例[1] ・PCの命令と回路例[2]
 ・タイマ ・カウンタ
8章 自動化システムの保守
 ・使いやすいシステム ・マシンモニタ検出回路
 ・予防保全 ・異常発生時の保守ツリー



◆ 受講者の声 ◆

  • PCシーケンスのしくみが理解できました。


  • 図面の読み方や配線のつなぎ方について、わかるようになりました。


  • 安全回路がなぜ必要かがわかりました。サーマルリレー、インタロック等の言葉は聞いたことがあったので、将来設計する際は忘れないようにしたいと思います。


  • この講座の学習で、ラダー回路プログラムがつくれるようになりました。


  • 自動化システムの保守に関しての内容が多く、たいへん勉強になりました。


  • はっきりとわからなかった専門用語のことが理解できて、とても良かったです。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)
のみです。
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロード
して下さい。