JTEX ホームページ > 電験・エネルギー管理士対策対策講座



電験・エネルギー管理士対策講座のご案内

  0

★『エネルギー管理士』については[こちら]

◎電験とは
            電験二種資格取得準備講座[こちら]

            電験三種資格取得準備講座[こちら]

1.電気主任技術者の任務と役割

  今日の私たちの生活に必要不可欠な質の高い電気を安定に供給するには、十分な技術・技能の
  もとに設計・施工された電気施設・設備を的確に運用し、保守点検を適切に実施し、その機能を維持していく必要があります。
  また、電気設備は高電圧・大容量であるため、施工や操作方法等を誤ると人体や設備に著しい危害、損傷を及ぼしたり、
  停電を招いたりする恐れがあります。
  これらの事故による社会生活への影響は非常に大きなものがありますので、電気施設の保安を確保するための法的規制の
  一つとして、電気主任技術者制度が設けられているのです。

  電気事業法では、電気工作物が技術基準に適合するように維持する義務を課すとともに、電気工作物の自主的な保安体制の
  一環として、事業用電気工作物の工事、維持および運用に関する保安監督をさせるため、主任技術者の資格を持つ者を選任し、
  届け出ることを義務付けています。また、他の従業員は主任技術者がその職務の範囲で行う指示に従う義務が定められていま
  す。


2.保安監督の範囲

  電気主任技術者の監督範囲は事業用電気工作物(水力設備、内燃力を原動機とするものを除く火力設備、原子力設備および
  燃料電池設備については、改質器を除いたもの)の工事、維持および運用の保安であり、電気工作物の電気設備全体を統括的に
  監督することが使命です。

免状の種類 監督の範囲
第一種電気主任技術者免状 すべての事業用電気工作物
第二種電気主任技術者免状 電圧17万V未満の事業用電気工作物
第三種電気主任技術者免状 電圧5万V未満の事業用電気工作物
(出力5000kW以上の発電所を除く)

3.電験制度の概要

 a.試験の種類

   電気主任技術者国家試験は、前記の主旨を踏まえ、「電気工作物の工事、維持および運用の保安に関して、
   必要な知識および技能」について実施されます。

  この国家試験には、次の種類があります。
  
   ・第一種電気主任技術者免状
   ・第二種電気主任技術者免状
   ・第三種電気主任技術者免状  に係る電気主任技術者国家試験

 b.受験資格

   各種類とも、学歴・年齢・性別・経験等の制限はありません。

 c.試験の程度(難易度)

   試験は、第二種電気主任技術者は、短期大学又は高等専門学校の電気工学科卒業程度、
   第三種電気主任技術者は、高等学校電気科卒業程度の学力が必要とされています。


4.試験方法の概要

  試験は、筆記試験で年1回行われます。
  第二種電気主任技術者は、一次試験と二次試験があり、二次試験まで合格した場合に免状が取得できます。
  二次試験は、一次試験に合格した者が受験することができます。
  

【第二種電気主任技術者 資格取得フロー】


  第三種電気主任技術者は、一次試験のみです。


【第三種電気主任技術者 資格取得フロー】


5.試験について

  <第二種電気主任技術者>
  
 A.一次試験の試験科目とその範囲
  
  試験科目は、次の4科目について行われます。

  @理論 : 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測に関するもの
  A電力 : 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計及び運用ならびに電気材料に
         関するもの
  B機械 : 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに
         電力システムに関する情報電装及び処理に関するもの
  C法規 : 電気法規(保安に関するものに限る。「電気設備の技術基準の解釈について」に関するものを含む。)及び電気施設
         管理に関するもの

  問題には、A問題とB問題とがあり、解答はマークシート方式です。

 B.二次試験の試験科目とその範囲

  試験科目は、次の2科目について行われます。

  @電力・管理 : 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計及び運用並びに
             電気施設管理に関するもの
  A機械・制御 : 電気機器、パワーエレクトロニクス、自動制御及びメカトロニクスに関するもの

  問題は、電力・管理は6題中任意の4題、機械・制御は4題中任意の2題を選択し、解答は記述方式です。

 C.一次試験の科目別合格制度

  一次試験は科目ごとに合否が決定され、4科目すべてに合格すれば一次試験に合格となって二次試験が受けられます。
  一部の科目だけ合格した場合には科目合格となって、翌年度あるいは翌々年度の試験では申請によりその合格科目の試験は
  免除されます。したがって、3年間で4科目合格すれば二次試験が受けられます。
  科目合格はこの期間を過ぎると無効となりますので、その科目については改めて受験し、合格する必要があります。

 D.一次試験留保制度

  二次試験には科目別合格の制度はありませんが、1回目が不合格でも翌年度の一次試験は免除され、
  二次試験から受験できます。なお、二次試験で最終的に不合格となった場合は、再度一次試験から受け直すことになります。

 E.合格基準および標準解答

  この国家試験は資格試験ですので、受験者の成績が所定の基準に達していれば、すべて合格となります。
  合格点は公開されておりません。100点満点として60点程度が合格ラインのようですが、70点程度取れていれば合格は
  間違いないようです。   
  一次試験は試験日の翌々日に、二次試験は試験日の3週間後に標準解答が、また、試験結果発表日に合格基準が
  パソコン用ホームページで公表されます。

  ホームページは、[こちら]へ。

 F.合格発表

  合格者の受験番号は、一次試験、二次試験とも官報に公示されるとともに、受験者本人宛に試験結果通知書(合否の通知)が
  送られます。
  また、電気技術者試験センターのホームページまたは携帯電話でも試験結果発表日(午前9:30更新予定)から約1ヶ月程度の
  期間、合格者又は科目合格者の受験番号の検索ができます。

   パソコン用アドレス  http://www.shiken.or.jp/

  携帯電話用アドレス  http://www.shiken.or.jp/cgi-bin/a.cgi/

  なお、個人の得点、採点内容等に関する問合せは受け付けておりません。

 G.免状交付

  二次試験に合格しても、免状の交付を受けなければ正式な資格とは認められません。
  したがって、二次試験に合格したら直ちに所定の申請を行い、免状の交付を受けてください。

  <第三種電気主任技術者>

 A.試験科目とその範囲

  @理論 : 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測に関するもの
  A電力 : 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計及び運用ならびに電気材料に
         関するもの
  B機械 : 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに
         電力システムに関する情報電装及び処理に関するもの
  C法規 : 電気法規(保安に関するものに限る。「電気設備の技術基準の解釈について」に関するものを含む。)及び電気施設
         管理に関するもの

  問題は5肢択一方式で、解答はマークシート方式です。

 B.科目別合格制度

  この試験には、科目別合格制度があります。すなわち、前項で述べた試験科目(4科目)の一部の科目に合格した場合には、
  科目合格となって、翌年度及び翌々年度(3年以内)の試験では、申請によりその合格している科目の試験が免除されます。
  つまり、3年間で4科目の試験に合格すれば、第三種電気主任技術者試験合格となります。

 C.合格基準および標準解答

  この国家試験は資格試験ですので、受験者の成績が所定の基準に達していれば、すべて合格となります。
  合格点は公開されておりません。だいたい6割程度以上取れていれば、合格は間違いないようです。

  試験日の翌々日に標準解答が、また、試験結果発表日に合格基準がパソコン用ホームページで公表されます。

 D.合格発表

  試験結果については、受験者本人宛に試験結果通知書(合否の通知)が送られます。
  また、電気技術者試験センターのホームページまたは携帯電話でも試験結果発表日(午前9:30更新予定)から約1ヶ月程度の
  期間、合格者又は科目合格者の受験番号の検索ができます。

   パソコン用アドレス  http://www.shiken.or.jp/

   携帯電話用アドレス  http://www.shiken.or.jp/cgi-bin/a.cgi/

  なお、個人の得点、採点内容等に関する問合せは受け付けておりません。

 E.免状交付

  試験に合格しても、免状の交付を受けなければ正式な資格とは認められません。
  したがって、二次試験に合格したら直ちに所定の申請を行い、免状の交付を受けてください。


★資格取得の概要(試験の情報)はこちら



6.受験合格者・合格者率について

  <第二種電気主任技術者>

  <第三種電気主任技術者>


7.JTEX資格取得準備講座のご案内

≪電験二種関連講座のご案内≫

●挑戦!電験二種受験合格講座
 
  一次試験の学習は、例題を取り入れた解説と各章末問題で構成、二次試験対策は、問題集形式となっています。
  計算問題の解き方も丁寧に解説し、また、新技術にまで完全対応しています。
  第一線の現場で活躍する講師陣が、総力をあげてキャリアアップのお手伝いを致します。

●突破!電験二種合格講座

  通信教育にセミナーのついた講座です。
  東京大学名誉教授 関根 泰次先生監修によるテキストを使用します。
  本講座の個別指導・集中講義の監修は、大浦 好文先生(工学博士)です。
  指導にあたる講師陣は実力で電験一種を取得された執筆者の方々で、豊富な指導経験を持っています。
  マンツーマン指導体制で、合格への道のりをサポートします。

●電験二種合格セミナー<テキスト付き>

  東京大学名誉教授 関根 泰次先生監修によるテキストのついたセミナーのみの講座です。

●電験二種合格セミナー

  セミナーのみの講座です。


≪電験三種関連講座のご案内≫

●電験三種受験講座 総合

  最近の国家試験出題傾向を分析し、非常に広い出題範囲をきめ細やかにカバーしています。
  初心者にもわかる段階を踏んだ解説、効果的なアドバイス、試験場でもあわてないテクニックが満載です。
  学習の総仕上げと弱点補強にDVD-ROMが付録教材付。

●電験三種受験講座+模擬テスト

  模擬テスト(最新の予想問題)添付の講座です。

●電験三種受験講座(直前セミナー付)

  通信教育に直前セミナーのついた講座です。

●電験三種直前セミナー(模擬テストと解説)

  受講期間:1日 模擬予想問題


  0

◎エネルギー管理士とは


1.エネルギー管理士とは

   1973年(昭和48年)に第1次オイルショックが起こり、中東の石油価格が高騰したことから、日本社会はエネルギー危機に
  直面しました。これにより、ガソリン価格の高騰や石油製品が品不足になり、デパートやスーパーではトイレットペーパーを
  求めて長蛇の列ができ、また、ネオンサインの消灯、テレビの深夜放送の中止、高速道路のガソリンスタンドにおける給油の
  中止、銭湯の休業など、日常生活に大きな影響を与えました。さらに、1979年(昭和54年)には第2次オイルショックが起こり、
  日本のエネルギーのあり方、とりわけ中東への石油依存体質を改善しなければならない事態となりました。

   そこで、1979年(昭和54年)に「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(いわゆる省エネ法)が制定され、
  エネルギー使用を合理的・効率的に行う責任者を認定する第1回のエネルギー管理士試験(電気管理士・熱管理士)が
  実施されました。

   その後、法改正を経て、現在はエネルギー管理士試験(電気分野・熱分野の選択制)制度が実施されています。

2.エネルギー管理士資格の取得方法

  ◎2通りの取得方法があります。

 1.国家試験による取得方法

   T.財団法人省エネルギーセンター(経済産業大臣が指定した試験機関です。)が毎年8月に行う
      エネルギー管理士試験に合格する。試験はどなたでも受けられます。試験はマークシート方式です。

   U.免状申請の前に、エネルギーの使用の合理化に関する実務に1年以上従事することが必要です。
      この実務経験は受験の前でも後でも構いません。

   V.経済産業大臣に申請することにより、エネルギー管理士免状が交付されます。

 2.認定研修による取得方法

   T.エネルギー管理研修を受けるためには、研修申込時までにエネルギーの使用に関する合理化に関する実務に
      3年以上従事していることが必要です。

   U.財団法人省エネルギーセンター(経済産業大臣が登録した研修機関です。)が毎年12月に行う
      エネルギー管理研修を受講し、修了すること。(修了試験に合格すること。)
      修了試験は記述式です。

   V.経済産業大臣に申請を行うことにより、認定され免状交付が受けられます。


   ※詳細については、省エネルギーセンターホームページへ。


3.試験について

 A.試験課目とその範囲
  
  試験課目は、次の必須基礎区分(課目T)と選択専門区分(課目U〜W)の熱分野又は電気分野のいずれかを選択し、
  合計4課目について実施されます。

受験分野 熱分野 電気分野
必須基礎課目 課目T エネルギー総合管理及び法規
選択専門課目 課目U  熱と流体の流れの基礎  電気の基礎
課目V  燃料と燃焼  電気設備及び機器
課目W  熱利用設備及びその管理  電力応用

  ※試験は筆記試験(マークシート方式)です。

  ※取得した免状は、熱・電気の区別はありません。

 B.合格課目試験免除制度

  エネルギー管理士試験には合格課目試験免除制度が導入されています。
  課目別の得点が合格基準に達した課目は「課目合格」となり、4課目合格すれば、エネルギー管理士試験合格
  (全課目合格)となります。

  また、課目合格の方は、その試験が行われた年の初めから3年以内に受検する場合、その課目の試験が免除に
  なります。ただし、課目合格した年の初めから3年を過ぎると、その課目の合格は無効となり、新たに受験する
  ことが必要になります。なお、合格している課目の試験免除期間中(3年間)は、合格している課目について
  受験することができません。

 C.合格基準

  100点満点中60点(得点率60%)以上で合格となります。

 D.合格発表

  試験結果については、10月中旬に合格者の受験番号を官報公示します。また、受験者全員に合否通知書を郵送します。
  また、一般財団法人省エネルギーセンターのホームページ等にも合格者の受験番号を掲載される予定です。

   一般財団法人省エネルギーセンター:ホームページ http://www.eccj.or.jp/index.html

 E.免状交付

  試験合格者に対しては、『試験合格証』が交付されます。
  経済産業大臣にエネルギー管理士免状を交付申請する際、合格証番号が必要となりますので、
  『試験合格証』は大切に保管してください。合格証は永年有効です。
      ※免状交付申請については、こちらへ


★資格取得の概要(試験の情報)はこちら



4.受験合格者・合格者率について

      <エネルギー管理士>


5.JTEX資格取得準備講座のご案内

≪エネルギー管理士講座のご案内≫

●エネルギー管理士受験講座(熱分野)

     熱分野の学習からエネルギー管理士の資格取得をめざす講座です。
  受験勉強に即したテキスト構成、豊富な例題と章末問題で、初めての方でもしっかりとした
  受験準備ができる講座です。
  また、ボイラー・タービン主任技術者を取得され、エネルギー管理士をめざしている方へもおすすめの講座です。

●エネルギー管理士受験講座(電気分野)

     電気分野の学習からエネルギー管理士の資格取得をめざす講座です。
  受験勉強に即したテキスト構成、豊富な例題と章末問題で、初めての方でもしっかりとした
  受験準備ができる講座です。
  また、ボイラー・タービン主任技術者を取得され、エネルギー管理士をめざしている方へもおすすめの講座です。