JTEX ホームページ > JTEXのご紹介 > 新鬼平随想録  > 第9回「消えた男」
新鬼平随想録
第9回 『消えた男』

 第69話『消えた男』(『オール読物』昭和48年9月号。文春文庫10巻)は、平蔵が歴代のやる気のない長官と全く違う長官であったことを描く。
 筆頭与力・佐嶋忠介は、市中巡回の途中、防火の神を祭る愛宕神社に参詣し、そこで8年前に改め方・同心を辞めた高松繁次郎とばったりと会った。当時の改め方長官は二人の組頭である堀帯刀たてわきであったが、長官は労多くして得るところが少なく、私財も投入せねばならぬ御役目であり、堀もやる気がなかった。やる気がある二人は当然仕事がやりにくくなり、高松が佐嶋に置手紙をし、失踪しっそうしてしまった。
 そんな高松であったが、佐嶋は近くの芝・神明の小料理屋・べん多津たつに誘った。酒が入ると高松が今の長官はどんなお方かと聞くので、佐嶋はいろんな事件のたびに発揮される平蔵の力、部下をはじめ盗賊に及ぶ深い思いやり、私財をかたむけつくして探索の費用に当てるいさぎよさを一刻半(3時間)も語った。高松はそれを熱心に聴き入り、聴き終えると、今のお話は伺わなければよかったと眼を伏せた。
 佐嶋は7日後の再会を約して別れたが、すぐに高松へ伝えたいことを思い出し、その後を追いかけると、闇の中からうめき声が聞こえ、抱き起こすと男は息絶えた。近くに抜身ぬきみと弁多津の提灯が落ちており、襲われた高松が刀を奪い、斬ったのであろう。そう思いながら近くの大名家に頼み、死体を改め方に運んでもらった。
 改め方に着いた佐嶋は、長官に今日のことを報告した後、8年前のことを説明した。当時高松は凶賊・じゃこつの半九郎一味の探索に日夜の区別なく打ち込んだ。その結果、一味の下働きの女・お杉が、血にまみれたつとめを働く蛇骨と内縁の夫・笹熊の勘蔵と別れたくなり、元女賊のお百に相談する。その紹介で会った高松が、隠れ場所と1、2年の暮らしのお金を用意するので、引きかえに盗人宿を教えてくれといい、お杉が承知した。上司の佐嶋も三十両程を出してほしいと堀長官に直訴したのだか、拒絶され、高松は改め方を辞した。ただし一味がお杉の動きを察し、殺そうとするので、高松が彼女を救うため一緒に逃げたことまでは、佐嶋も知らない。
 翌朝平蔵の命令で十二名の密偵か集まり、死体を検分したところ、くめはちがこれは蛇骨一味の笹熊で、8年前自分のいたづち一味にすけばたらきにきたという。この後平蔵は佐嶋と粂八を部屋に呼び、佐嶋に高松の話をさせると、粂八は更に思い出し、笹熊が女房を奪った奴を探し殺すといっていたし、住んでいた南品川のろうそく屋・六兵衛の二階にも行ったという。
 その日の昼過ぎ、粂八がその六兵衛を訪ねると、半月前に高松がきて、お杉は死に、父親の墓のある中目黒・松久寺に納骨し、近くに居るというので、3日前にきた笹熊につい話したが、昨日から甥の身を心配しているという。
 この報告も受けて平蔵はある決心をして松久寺の高松を訪ねると、六兵衛の刺客とみた高松は短刀で鋭く襲ったが、ひざ頭を打たれて転倒した。その上で平蔵は名乗り、その方は8年間二人でつとめばたらきをしただろう、しかし罰するつもりはない、前の改め方にも罪がある、その代り密偵となり、俺を助けてくれぬかと頼んだ。
 こうして高松は密偵となったが、お杉の傍の小屋に引き続き住み、この年の秋から翌年の夏にかけて大活躍し、五組の盗賊逮捕に貢献した。しかしその夏に高松は小屋で斬殺された。これは六兵衛の雇った仕掛人の仕業であるが、六兵衛は5日前に逃げていた。平蔵は「おれとしたことが、油断するとは」と残念がった。
 この年の秋、松久寺に高松とお杉の立派な墓ができた。建てたのは平蔵である。そして平蔵は二人のために永代供養の金子も収めたという。
 なお『啞の十蔵』以降、平蔵が部下と共に命を懸けて危険な公務を行う姿を書いてきたつもりだか、次回は池波正太郎が何故このような物語を書いたのかを述べてみたい。