JTEX ホームページ > JTEXのご紹介 > 随想 鬼平犯科帳  > 第2回「老盗の夢」
随想 鬼平犯科帳
第2回 『老盗の夢』

 鬼平犯科帳の第一作『浅草・御厩河岸(おうまやがし)』(昭和42年。文春文庫1巻)を読むと,真の盗賊のモラルは 次の三ヵ条だと書いてある。
 一.盗まれて難儀するものへは,手を出さぬこと。
 一.つとめするとき,人を殺傷せぬこと。
 一.女を手ごめにせぬこと。
 これは仏教の十善戒のうち,不殺生,不偸盗(ふちゅうとう),不邪淫を踏まえた掟で,これを守る盗賊は「本格」, 守らない盗賊は「畜生ばたらき」とされる。
 第一作は,その本格の大盗賊・海老坂の与兵衛と密偵の話である。海老坂は浅草の御厩河岸で居酒屋「豆岩」を営む岩五郎に 助っ人を頼む。岩五郎が錠前外しのうまい,同じ越中生まれだったからだ。
 一方,岩五郎は,佐島与力に逮捕されてから密偵となっており,これを引き受けるが,同じ越中生まれで本格の盗賊として 万全の準備をする海老坂に心酔する。しかし,中風の父,盲目の義母,妻子三人との生活を守るため佐島に密告する合図を 送るが,その直後,海老坂からおつとめの長期延期を告げられる。帰ると佐島が待っており,やむなく密告をした岩五郎は その後自らを深く恥じる。
 海老坂一味が逮捕された日の夜,岩五郎一家は夜逃げをした。この場合捕まれば死罪であるが,鬼平は追わなかった。

 次に,畜生ばたらきの盗賊と密偵が対決する話はたくさんあり,『血頭(ちがしら)の丹兵衛』(1巻)もその一つである。
 血頭は昔は本格の大盗賊であったが,当節そんなことでは生きていけないと,畜生ばたらきをするようになっていた。
 一方,粂八は凶盗・野槌の弥平一味であったが,あの岩五郎の密告がきっかけで捕まり,野槌の居場所を白状させられた後 牢内で血頭の畜生ばたらきを聞く。昔本格の血頭に仕え,女犯で破門された粂八は信じられず, にせ者の血頭を捕まえたいと密偵になる。
 しばらくして本物の血頭に会った粂八は,一切を知り,大きな落胆と怒りを覚えながら,血頭逮捕に体を張るのであった。

 最後に盗賊どうしも対決するが,『老盗の夢』(1巻)は本格と畜生の対決である。
 本格の大盗賊・簔火(みのひ)の喜之助は最後のおつとめのため三人を雇うが,これが凶盗・野槌一味の残党とは 知らなかった。
 一方,三人はおつとめの前日,これを横取りするため簔火を縛り上げ,殺害を仲間に頼んで野槌一味を売った密偵・粂八を 殺しにゆく。
 このままでは明日は自分の始めたおつとめで血が流れるし,血頭のことで密偵となった粂八の気持ちも今やよくわかるので, 簔火は縛抜けをして三人に追いつき,これを殺し,自分も死ぬ。
 後日粂八は,簔火と野槌の残党が近くで殺し合いをしたことを知り,自分が助けられたことに気づいたに違いない。