JTEX ホームページ > JTEXのご紹介 > 随想 鬼平犯科帳  > 第3回「明神の次郎吉」
随想 鬼平犯科帳
第3回 『明神の次郎吉』

  これまで鬼平と盗賊の善悪の考え方について触れてきたが,その関係で読者にぜひとも読んでほしい物語がある。 それは,『明神の次郎吉』(文春文庫8巻)である。
 明神の次郎吉は,本格の盗賊なのだが,稼業のひけ目から日ごろ善行を積んでいる。本格の親分・櫛山の 武兵衛に呼び出され,江戸へ向かう信州の野原で行き倒れの僧に出会った明神は,お寺に埋葬するとともに,遺言どおり鬼平の 友人・岸井に遺品を届ける。感激した岸井は軍鶏鍋屋「五鉄」で御馳走するが,このとき密偵のおまさに顔を見られた。 おまさ達は翌日尾行し,千駄ヶ谷八幡近くに盗人宿を発見し,鬼平に報告する。鬼平は岸井から明神の善行を聞いたし, 密偵達も助命を願っていると察し,ひそかに町奉行に手紙を送り,この事件の担当し,四谷御門の番所に捕手を 待機させるようお願いをした。
 2日後,見張る密偵達は犯行を今夜と見破り,鬼平と奉行所へ伝える。その夜,鬼平は密偵達に導かれ, また奉行所の捕手も密偵達に案内され,櫛山一味が押し込む四谷の薬種問屋を取り囲む。すると,さすが本格, いさぎよく縛についた。翌日,鬼平は奉行へお礼に伺い,なんと一味の助命と明神の減刑を陳情する。
 10日後,何も知らない岸井は,明神がその後訪ねてこないと鬼平にこぼしながら,友人の墓を建てるべく, 信州へ旅立っていく。
 この話の最後に,鬼平は「人間というものは妙な生きものよ。悪いことをしながら善いことをし,善いことをしながら悪事を働く。 心をゆるし合う友をだまして,その心を傷つけまいとする」と妻 久栄に述べるが,しみじみとした余韻が残る。

 なお,私は鬼平がなぜこのような考え方をするのか興味を持ち,作者の全集を徹底的に読んでみたところ, 昭和30年1月15日,師長谷川伸の勉強会に出席した作者は,善悪について質問し,師は, 「人間というものは,ふだん悪いやつでもセッパ迫ると善いことをする。 また,ふだん善いやつでもセッパ迫ると悪いことをする」と答えた, というメモを発見した。これが鬼平の原点だと思う。
 そしてこの原点は,さらに天台宗の「十界互具」という教えからきているように思う。それは心のおりなす世界を, 地獄,人間,仏等の十界に分け,その一つ一つにさらに十界があるという教えで,人間の世界の中には地獄から仏まで十の世界が あるという教えである。