JTEX ホームページ > JTEXのご紹介 > 随想 鬼平犯科帳  > 第12回「兇 賊」
随想 鬼平犯科帳
第12回 『兇 賊』

 平成18年2月17日にフジテレビで鬼平犯科帳スペシャル「兇賊」が放映され,久々に中村吉右衛門の鬼平や梶芽衣子のおまさを見て,とても楽しかった。この原作(文春文庫5巻)は,『炎の色』や『密告』と同じ本所・深川時代の鬼平にまつわる話だが,鬼平に対する思慕や恩義ではなく,怨恨から生まれた話である。

 一人働きの盗賊で,神田で居酒屋を営む鷺原の九平は,郷里・加賀からの帰り道,くりから峠で偶然鬼平の殺害を話す3人の男の顔を盗み見た。江戸へ戻ったある夜,店へ来た浪人が,客の嫌がる夜鷹を人並みに扱うので,九平は好意を抱く。ところがこの浪人が帰った後,外で争いがあった。2人の男が「鬼平を仕損じた」と言って店の前を通り過ぎ,それがくりから峠で聞いた声であった。外へ出ると,敵を1人倒した浪人がおり,後をつけると,火付盗賊改の役宅に入る直前,「おやじ,ご苦労」と言われてしまう。
 鬼平に知られてしまった九平は,すぐに知合いの居酒屋へ身を隠した。しかしある日,くりから峠の男の1人が客として店にやって来たので,九平は後をつけ,盗人宿を見つける。そこを見張っていると,もう1人の男が出てきて料亭・大村へ入っていった。数日後,盗人宿から武家の召使い姿の男が出てきて,途中侍姿の男と合流し,鬼平の役宅へ入った。その侍姿の男は二千石の旗本の用人と名乗り,主人と大村で会ってほしいと頼み,鬼平が了承するが,九平はそれを知らない。
 役宅を出た侍と召使いが大村へ入るのを見た九平は,もうこれで密偵の真似はやめようと思い,軍鶏(しゃも)鍋屋・五鉄へ入るが,人相書を見た密偵に逮捕され,役宅へ連行されてしまう。そこで鬼平が大村へ行ったことを偶然知った九平は,「長谷川様が危ない」とその理由を説明するのであった。
 一方,鬼平が大村の離れで会ったのは,旗本ではなく,兇盗・網切の甚五郎であった。網切は大村の人を皆殺しにして料亭を乗っ取り,昔悪事を行ったとはいえ自分の父親を殺した鬼平に,復讐しようとしていた。すぐに浪人が殺到し,弓矢が射込まれ,鬼平は小刀だけで数人倒して外へ出たが,すべてのがん灯が鬼平に集中し,絶体絶命となった。しかしそのとき,九平のおかげで改方の部下たちが馬で駆けつけ,鬼平はまさに九死に一生を得る。
 だが鬼平は,大村の全員を殺害した網切を許さなかった。約半月後,逃げた網切と2人の男がくりから峠へさしかかると,鬼平が部下と九平と現れ,網切は両腕を斬り落とされ,苦しみながら死ぬのであった。

 鬼平犯科帳がテレビで初めて放映されたのは,昭和44年10月7日のことであった。故松本幸四郎が鬼平を演じ,池波も脚本に手を入れたり,かつら等のアドバイスを行ったりして力を入れたので,この番組は大変な人気を呼んだ。
 ところで,中村吉右衛門が四代目・鬼平を演じる番組が始まったのは,平成元年7月12日である。池波は「5年間中村を待って番組を作った甲斐があった」と,『銀座日記』(新潮文庫)に書いている。また,7月17日の第2回の放送は,脚本を書いた大親友・井出雅人がその前日に急逝したので,涙でよく見えなかったとも書いている。なお,この親友の死を契機に,池波の体力,気力は衰え出したといわれる。
 番組の最終回「流星 鬼平があぶない」は平成2年2月21日に放送されたが,池波はそれがよかったことや食欲がないことを書き,これが『銀座日記』の最終回となった。