JTEX ホームページ > JTEXのご紹介 > 随想 鬼平犯科帳  > 第13回「盗賊人相書」
随想 鬼平犯科帳
第13回 『盗賊人相書』

 前回『兇賊』(文春文庫5巻)の鬼平は,九平を不審に思い,念のため人相書を作らせたが,もしこれをしていなければ九平は逮捕されず,鬼平は確実に殺されていたから,人相書も馬鹿にはできない。
 『盗賊人相書』(6巻)もそんな人相書の話で,深川のそば屋に盗賊3人が入り,偶然便所にいた少女を除き5人を殺害した。しかし,この少女が盗賊一人の顔を見たため,近所に住む絵師・石田竹仙が人相書を画くことになった。改方御用の絵師・竹垣正信(幕府御抱え絵師・墨川宗信の内弟子)が休暇中だったからである。
 この人相書から,犯人は遠州・無宿の熊治郎とわかったが,鬼平は竹仙が人相書を画くと無口になったのを怪しみ,熊治郎を知る密偵とともに竹仙を見張っていた。案の定,竹仙は動き出し,一杯飲屋に隠れている熊治郎と会って「人相書を画いているうちにお前だとわかったので逃げてくれ」と頼む。2人はかつて一緒に盗みをした仲だったのである。しかし,竹仙が殺されかけたので,鬼平はそんな熊治郎と手下2人を斬る。
 『五月雨(さみだれ)坊主』(10巻)では,ある朝竹仙が庭先に倒れていた男を抱き起こすと,男は「九兵衛どん」云々と言って死んでしまう。この男を盗賊とにらんだ竹仙は,人相書を画いて鬼平に届け出たが,結局この男がだれかわからない。そこで鬼平は,その男が竹仙を九兵衛と勘違いしたものと考え,今度は竹仙に自分の人相書を画かせると,谷中の寺のお坊さんに似ていることがわかった。鬼平たちがそのお寺へ押し込むと,縛られたそのお坊さんとその兄である盗賊・羽黒の九兵衛一味がいた。
 『鬼火』(15巻)では,竹仙が久々に登場し,殺された浪人の人相書を画く。
 最後に第6回の『迷路』(22巻)にも,人相書の話がある。鬼平は居酒屋・豆甚の親父とそこにいた女の人相書を,菊地夏信(正信の後任か)に画かせたところ,親父は矢野口の甚七とわかり,また女のいる盗人宿もわかった。その女が父親の盗賊・猫間の重兵衛に会いに行ったことから,事件の首謀者が彼だと判明する。

 なお池波は,子どもの頃から絵が大好きで,挿絵画家になる夢を持っていた。だから竹仙が登場したときはなるほどと思ったが,意外に活躍しなかったのは,池波自身が昭和52年から絵を画き始めたからではないかと思う。
 この年池波は,初めてフランスを訪れ,風景や人物をクロッキーにするとともに写真に撮って持ち帰り,水彩画を画いた。それからがぜん絵を画くようになり,昭和59年には,週刊文春連載の『乳房』の挿絵を自らが画き,夢を実現した。
 私は平成元年5月,銀座で開かれた「池波正太郎・絵筆の楽しみ展」を見逃したが,平成15年4月,上田市の池波正太郎真田太平記記念館を訪れ,フランスで画いたパステル画35枚を見た。実に見事な絵で,とくにアルルを流れるローヌ河の絵が印象に残っている。