可能性をひろげる「脳力アップトレーニング」|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. ビジネススキル
  4. 考える力
  5. 可能性をひろげる「脳力アップトレーニング」

講座詳細

可能性をひろげる「脳力アップトレーニング」

講座コード: A19

受講期間:2ヵ月

レベル:入門 初級 

レポート提出方式:

特別受講料(税込):11,880

一般受講料(税込):14,040

お申込み(個人)

お申込み(法人)

会員ログインすると講座資料がダウンロードできます。
ログインはこちら。

ねらい

楽しく遊べるトレーニングで、脳機能を活性化しよう!

脳の働きは複雑であり、そのメカニズムは解明されたとはいえませんが、近年、「悩みやすい人」「運動機能が低い人」「ヘビースモーカー」「孤独な人」「メタボリックシンドロームの人」などが脳の衰えが速いという研究発表が多くなされています。これらの研究は、ふだんの生活態度と考え方に注意することで脳の衰えるスピードを抑制し、努力次第で脳のアンチエイジングも可能であるということを語っています。

本講座で扱う「ダイバージェント・シンキングのトレーニング」は、記憶力・意思力・思考力の衰えを抑止する、海馬と前頭葉の機能を活性化する脳のアンチエイジング教材です。

講座の特色

  • 脳のメカニズムと脳の加齢について学習します。
  • 脳のアンチエイジングとライフスタイルの関係を学習します。
  • 「ダイバージェント・シンキング」自己トレーニングができます。

教材構成

  • テキスト1冊
  • トレーニングブック1冊
  • レポート回数:2回

主な項目

No. 主な項目
1
第1章 ダイバージェント・シンキング―その「事始め」
  • 脳は、トレーニングできるのか
  • あなたの周りにこういう人はいませんか
  • ダイバージェント・シンキングとは
  • 何だか分からないけど脳は面白そう
  • 「敵は本脳?寺」―「脳」はどうなっている
  • しっかり記憶をするにはどうしたらいい
  • 「脳力」について考える
第2章 「脳力」とは何のことだろう
  • 脳の働きは「3×3=9」
  • ストレス脳、脳とこころ
  • 思考には大きく分けると三つのタイプがある
2
第3章 「脳力」が低下しやすい環境要因
  • 記憶力を保ち続けるには
  • 記憶力が低下する要因
  • こころについて考える
  • なぜ、自立した心が育ちにくくなったのか
  • 自分を守ることとストレスから身を守ること
第4章 「脳力」の低下を防ぐために
  • ストレスによる「脳力」の低下を防ぐ
  • 「うつ・うつ病」は「脳力」の低下を招きやすい
  • 加齢による「脳力」の低下を考える
第5章 脳のアンチエイジングと「脳トレ」
  • 脳をいきいきと働かせるための準備
  • 日常生活に即した脳のアンチエイジング
  • ダイバージェント・シンキングによるアンチエイジング
  • 整理による脳のアンチエイジング
第6章 ダイバージェント・シンキングのトレーニング
  • ダイバージェント・シンキングが低下すると
  • 「しまった!」と思うことが多くなると要注意
  • 散乱する情報を掴むということ
  • 情報を組み立てて「情報加工結果域」に至るということ
  • 「ひらめき」に至る思考は大切
  • 相手に絡み合う集中的思考、拡散的思考、論理的思考
  • コンバージェント・シンキングがダイバージェント・シンキングの訓練になる

「ダイバージェント・シンキング型」と「コンバージェント・シンキング型」

「ダイバージェント・シンキング型」
  • (  )+(   )=5の2つの(  )に何が入るかを考えなさい。
  • 「日」という漢字に1画加え、漢字をできるだけたくさん考えなさい。
    (答え「白・旧・目・申・旦・由・甲」など)
  • 自由に連想をどんどんつなげていく
「コンバージェント・シンキング型」
  • 2+(   )=5の(  )に何が入るかを考えなさい。
  • 「日」という漢字に1画加え、耕地と同じ意味の漢字を考えなさい。(答え「田」)
  • 夏→(   )→ゴッホで、(  )に「ひまわり」を連想させる

受講者の声

脳がNOでなくなり、今の自分を知ることができました。そして、今後の目標が見えてきました。

脳力の経年劣化を遅らせるヒントを勉強することができ、とても有意義でした。

漢字や色のイメージなど、普段と違った角度で考えることができて、頭の中が動く感じがしました。

生産性を向上させようとした考え方を、人間教育にもあてはめてしまったところが問題だと書いてあったので、その通りだと思い、感心しました。

脳力の低下に「ストレス」の影響があることを知ることができて、たいへん良かったです。ストレスの回避術は、今後自分自身に役立てて行きたいと思います。

トレーニングブックに取り組むことによって、「考える」きっかけができて、頭が鍛えられたように感じられました。

テキストの内容が非常に面白く感じた。脳と体の連動性がこんなにも深いのだと知った。