新鬼平随想録

第48回「越中・井波―わが先祖の地(壱)」

 鬼平犯科帳の135話の内から池波が自選した5話を紹介したが、池波は自ら書いた膨大な随筆についても、113話を選び、昭和63年に「池波正太郎自選随筆集」上巻・下巻を朝日新聞社から刊行した(朝日文庫の「私の生まれた日」は上巻、「私の仕事」は下巻である)。これらの随筆はいずれも素晴しいが、私が特に注目するのは、上巻にある、
  ○「越中・井波いなみ―わが先祖の地」(初出、小説現代昭和57年3月号)
  ○「セトル・ジャンの酒場」(初出、1年の風景、昭和57年9月朝日新聞社)
 という2つの随筆である。
 最初の随筆は、昭和56年10月、天保の頃まで先祖が住んでいた富山県井波町(現南砺市)を池波が初めて訪ねた時の話である。池波は宮大工だった先祖も改築に従事した、600年の歴史を持つ瑞泉寺の大伽藍を見たり、町の人々の厚い人情に触れたりしている内に、井波が本当の故郷と思えてくるのであった。次の随筆は、昭和52年に初めて渡仏した池波が、フランス語で「忘れられたきフランス」という名の200年続くパリの居酒屋を訪ね、昔気質むかしかたぎの老亭主セトル・ジャン夫婦と親交を結ぶ話である。しかし55年の3回目の渡仏の時は、妻の介護のため老亭主は店を手放していた。56年の渡仏の際に、ようやく再会できたが、以後店はハンバーガー屋に変わり、また夫婦の行方も分らなくなってしまう。
 以上の様な忘れられた佳き日本やフランスを探す旅は、鬼平犯科帳を書く心と共通するものがある。今回は「越中・井波」の要所の原文と備考を示し、それらを感じて頂きたいと思う。

〔原文〕私の父方の先祖は越中(富山県)井波の宮大工だったそうな。こんなことを何かの原稿に書いたのを井波の人達が読んでくれ、中でも歴史民俗資料館の館長をしておられる岩倉さんが、しきりにさそってくれたので、秋も深まった或日、私は京都から越中に向った。(中略)高岡へ着くと、岩倉さんが出迎えてくれた。北陸へは数えきれぬほどに出かけた私だが、井波は城端じょうはなへ行ったとき、その外観を一望したにすぎない。

 〔備考〕池波が富山県井波町を訪れたのは、昭和56年10月25日、26日のことであった。また館長は岩倉節郎といい、昭和18年に県立福野農学校を卒業し、横須賀の海軍航空技術しょう飛行部設計課に勤務した人であった。一方池波も昭和19年、航空機の部品を作る徴用工から横須賀海兵団に入隊し、武山海兵団を経て磯子の801航空隊に勤務していた。同じ時期、同じ地域、同じ海軍にいた人に熱心に誘われ、池波も井波に行こうと思ったに違いない。

〔原文〕私の先祖が井波をはなれ、江戸へ移ったのは天保のことだときいている。父の姉のつれあいヽヽヽヽの伯父が生前にわざわざ井波に寄ってくれて、町役場で調べてくれ、「井波で最後に残った池波という姓の人は、明治のころ信州へ移り住んだらしいが、行先は不明だそうだよ。でも井波に池波という姓は極く少いらしいから、それヽヽが、お前さんのところの御先祖の末裔じゃないかね」と知らせてくれた。(中略)池波家は江戸へ移ってからも大工の棟梁で、祖父の代までつづいた。

 〔備考〕「井波町史」によれば、天保年間(1630―1643)においては、2年、4年、7年、9年が2年毎の大凶作となり、また10年、11年、12年、13年が連続して不作であった。特に4年と7年は、米価騰貴、米穀欠乏等が甚だしく、多くの死者が出たとされる。このため井波地区の離村者(走り人)も10年の76人を最高に天保年間で計249人にも昇った。池波家の先祖の江戸移住はどんな事情で行われたか分らないが、凶作と不作が打ち続く最中さなかに行われたので、大変であったと思われる。

〔原文〕小雨にけむる、人口1万の井波町。その本通りの両側に木彫師の店がたちならぶ。その一角を指して、岩倉さんがいった。「そこが、御先祖と縁つづきの池尻屋いけのしりやそうしちさんが住んでおられたところと思われます」池尻屋宗七こと池波宗七は、天保8年に生まれ、明治30年に死去している。その娘か、孫の代に至って井波の池波家は井波をはなれたとのことだ。井波では、木彫師にも大工にも屋号がついていたのだそうな。

 〔備考〕明治5年の井波町家並調べを見ると、乙女山おとめやまの麓の瑞泉寺に向って左側の旧中新町なかあらまち通りの、池田屋豊蔵と高瀬屋庄八の家の間に、池尻屋宗七の家が確かにある。また屋号については、明治3年の井波大工調書を見ても、岩屋、中野屋、長崎屋、五カ屋、福野屋等の屋号が並ぶが、出身地を示すものが圧倒的に多い。池尻屋の池尻も井波町の隣りの井口村の地名である。ただし池尻は室町時代の始め、名門・井口三郎光義の後裔・井口蔵人が築いた井口城があったところでもある。

〔原文〕ほとんど自動車も通らぬ、しずかな本通りに、コーヒーをのませる店は1軒しかない。(中略)その近くに、浅草生まれの老婦人が住んでいる。「井波は、いかがです」私が尋ねると、「ほんとうに、よいところでございますよ。こんな人情の深いところはございません。朝なんか、道を通る小学生が、私などにも朝のあいさつをしてくれますの」老婦人の言葉が、私にはうれしかった。何だか、自分の故郷をほめられたような気分になってくるのが、ふしぎなほどだった。「ただ、風が……雪が吹きつけくる。その風の強さ、恐しさはたまりません。厚い戸が弓なりになってしまって、いまも破れるかとおもうほどです」このあたりの風の凄まじさを、いつであったか、何かの本で読んだことがあった。

 〔備考〕老婦人は浅草の200年続く老舗・駒形どぜうの子女として生まれたが、縁あって井波町の旧家・久保家へ嫁がれた。御夫君は東大を出て故郷に帰り、教育界に入り、県の教育委員長まで務められた人であったが、夫人もまた郷里のため色々な活動をされた人であった。そんな夫人が、井波を、こんな人情の深いところはないと思われていることを知った時には、感動をしたが、今もこの随筆を読むたびに感動を新たにしている。(続く)