第二種電気工事士受験講座(技能試験公表問題(動画配信付き))|JTEX 職業訓練法人日本技能教育開発センター

JTEXが取り組むSDGsの目標
プライバシーマーク制度
SuperGrace
  • Twitter
  • YouTube JTEXチャンネル
-最新情報をお届けいたします-
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. 資格取得準備講座
  4. 電気工事士
  5. 第二種電気工事士受験講座(技能試験公表問題(動画配信付き))

講座詳細

電気工事士の特徴はこちら

第二種電気工事士受験講座(技能試験公表問題(動画配信付き))

講座コード: K07B

受講期間:4ヵ月

レベル:入門 初級 

レポート提出方式: 記述式 記述式

特別受講料(税込):27,500

一般受講料(税込):29,700

お申込み(個人)

カゴに入れる

お申込み(法人)

講座資料をダウンロードする

ねらい

「第二種電気工事士試験」の合格をめざす

電気関係の資格の登竜門である第二種電気工事士は、電気関係の業務に従事する方にとって、また、設備管理技術者を志す方にとって、ぜひとも取得しておきたい資格です。

本講座は、1から3か月目(上巻・中巻)が筆記試験対策用に、4か月目(下巻)が技能試験対策用に編集されています。過去の問題から、出題頻度の高い問題を重点的に学習していきます。

※技能試験に備えるため、技能試験副テキスト(動画配信付き)を添付しています。

第二種電気工事士とは

第二種電気工事士の免状を取得すると、「一般用電気工作物の電気設備の工事の作業」に従事することができます。
「一般用電気工作物の工事の作業」とは、「一般用住宅や小規模な店舗、事務所などのように、電力会社から低圧(600V以下)の電圧で受電する場所の電気工作物を設置し、または変更する工事の作業」のことです。

この資格を取得するには、第二種電気工事士試験(年2回実施)の筆記試験(例年6月=上期、10月=下期)と技能試験(例年7月=上期、12月=下期)の両方に合格する必要があります。
平成30年度からは、上期試験、下期試験、両方の受験が可能となりました。また、下期試験が各都道府県で実施されるようになり、より受験しやすくなりました。

講座の特色

  • 図や写真が豊富なわかりやすいテキストと、例題や章末問題のていねいな解説で、効率的に合格へ向けた学習ができます。
  • 問題集は、実施問題(=過去問)を筆記試験と技能試験に分けて掲載しています。
  • 動画配信では、技能試験における実際の動き(作業)を学習します。

教材構成

  • 主テキスト3冊+過去問題集
  • 技能試験副テキスト(動画配信付き)
  • レポート回数:4回

主な項目

No. 主な項目
1
  • 受験ガイド
  • 筆記試験[学習ガイド]
  • 計算の基礎
  • 1章 電気に関する基礎理論
  • 2章 配電理論・配線設計
2
  • 3章 電気機器、配線器具、電気工事用材料・工具
  • 4章 電気工事の施工方法
  • 5章 一般用電気工作物の検査方法
  • 6章 一般用電気工作物の保安に関する法令
3
  • 7章 配線図
4
  • 8章 技能試験
付 録 詳 細
技能試験副テキスト
公表問題13問について、合格解答を掲載しています。
個々の作業をQRコードによる配信動画で確認できます。
★12月中旬~4月下旬頃までの期間は、新年度版への切り替えのため教材は、後日別送となります。

受講者の声

学科試験の方は、1回で合格しましたが、実技の方が2回とも失敗しました。性格の面があると思いますが、時間がどうしても足りませんでした。ただし、長く船の機関士で電気も扱っていましたが、別の面でもとても勉強になりました。ありがとうございました。

第2種電気工事士の受験申し込みが間に合わず、その年、第1種電気工事士を受験し、合格(学科)しました(技能は翌年合格)。第1種電気工事士の講座は受講しておりませんが、内容が重複しており、十分活用できました。
最初は本屋さんで買ってきた本で勉強してたいのですが、分かりづらく、貴社の講座を受講したのですが、とても良かったです。

電気工事士は以前から興味のあった資格であり、本試験に向けてステップアップできたと思います。

実際の作業を見る機会がなかったので、技能試験用のDVDがついていてよかったです。

電気については、ほとんど知識がなく実務でもあまり扱っていませんでした。この講座を受講することで、興味が持てるようになり、電気に対する苦手意識をなくすことができました。

Q&A

「第二種電気工事士講座」について、教材の他に参考書は必要ですか?

A. 学習を進めるにあたって「過年度の問題を網羅した書籍を知りたい」・「数式について詳しい書籍を知りたい」等のお声を頂戴することもありますが、他の参考書等は必要ないようまとめております。

お申し込みはこちら