二級ボイラー技士受験講座|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace

講座詳細

二級ボイラー技士受験講座

講座コード: L05

受講期間:4ヵ月

レベル:初級 中級 

レポート提出方式:

団体受講料(税込):20,520

個人受講料(税込):22,680

お申込み(個人)

お申込み(法人)

会員ログインすると講座資料がダウンロードできます。
ログインはこちら。

こんなコースです

二級ボイラー技士試験合格の実力を養う!

「ボイラー技士」免許は、ボイラーの運転のための資格であり、また、事業所等で蒸気ボイラー及び温水ボイラーを、ボイラー取扱作業主任者として取扱うための資格でもあります。
「ボイラー技士」免許「二級」は、伝熱面積25平方メートル未満のボイラーを取扱うことができます。
本講座は、主テキスト、演習問題、レポート課題のすべてが4つの科目(構造、法令、燃料・燃焼、取扱い)に分けられた、効率のよい学習システムです。

ねらいと特色

  • ボイラー技士免許試験に合格するための実力を身につけます。
  • 基礎の学習と演習問題への取組みを繰り返すことにより、国家試験合格のための実力を養成します。

教材構成

  • 主テキスト2冊+別冊1冊
  • 別冊:「受験の手引き・レポート問題・模擬問題」
  • レポート回数:4回

◆初回提出時にマークシートかWeb提出のどちらかをお選びください。

主な項目

No. 主な項目
1
ボイラーの構造
ボイラーの仕組みを理解し、ボイラーの種類や附属品等について学習する
  • 熱および蒸気
  • ボイラーの概要
  • 丸ボイラー
  • 水管ボイラー
  • 特殊ボイラー
  • 鋳鉄製ボイラー
  • ボイラー各部の構造と強さ
2
ボイラーの関係法令
ボイラーを取扱うために必要な法令について学習する
  • 法令の基礎知識
  • ボイラー及び圧力容器安全規則
  • ボイラー
  • 圧力容器
  • 免許と技能講習
3
燃料および燃焼
多様なボイラーの燃料や、その燃焼理論等について学習する
  • 燃料
  • 燃焼方式
  • 燃焼室および通風
4
ボイラーの取扱い
すべての科目に共通するボイラーの取扱いについて学習し、仕上げとする
  • ボイラーの運転操作
  • 附属品および附属装置の取扱い
  • ボイラーの保全
  • ボイラーの水管理

受講者の声

初めての受講でボイラーの知識もなかったので不安がいっぱいでしたが、テキストに沿って勉強を進めるうちに、わかりやすく解説や説明がなされているので理解できるようになったと思います。

男性 60代 管理職

重点内容が簡潔に記載され、勉強しやすかった。

男性 50代 事務・管理職

以前にボイラーの取扱いに従事したことがあり、自分なりに理解していたつもりだったのですが、いざ勉強になると、今までの「経験は何だったんだろう?」と思いました(特に法規はさっぱりでした)。とても良い勉強になりました。このコースを選んでよかったと感謝しています。

男性 50代 技術職

図解付きのテキストがあり、素人でも分かりやすいものがあり、参考になると思います。

男性 50代 自衛隊

図が多くわかりやすい。市販のテキストよりも説明がくわしく良かった。

男性 50代 ビル管理

説明も明記されており、ボイラー協会の教本より理解しやすかったです。

男性 40代 会社員

注意点や励ましのコメントが記載されており、やろうとする意識が出てきた。

男性 30代 化学

ボイラー技士(二級)試験に合格しました。ありがとうございました。

この教材のみで合格。受講期間は四カ月だが、集中して取り組めば一か月で終わらせることが可能。
テキストの大まかな内容は協会の「二級ボイラー技士教本」をデスマス調にしたものなので、既に教本をお持ちの方には不要と考える。
レポート問題、模擬問題の難易度は実際の本番での試験問題よりも簡単で、試験中は大分焦った。
それでも合格自体はしているので重要項目は押さえられているのだろう。

たいへん親切に書かれた内容で実務経験がない私にも理解できました。市販の参考書が高い事とこれで勉強して半年で合格できた実績を考えると安い投資だったと思います。

ボイラー関連の受験は初めてでしたが、テキストも非常にわかりやすく、受講期間終了後すぐの本試験で一発合格する事が出来ました。そもそもテキストを見るまでは、ボイラーそのもののしくみすら知らなかったわけで実地講習で初めてボイラーに触れたくらいです。経験の無い方にもオススメです。