みんなの安全「基本のキ」|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace

講座詳細

みんなの安全「基本のキ」

講座コード: H21

受講期間:2ヵ月

レベル:入門 初級 

レポート提出方式:

団体受講料(税込):9,720

個人受講料(税込):11,880

お申込み(個人)

お申込み(法人)

会員ログインすると講座資料がダウンロードできます。
ログインはこちら。

ねらい

「事故は他人事、自分だけは大丈夫」という意識を変える!

さまざまな場面で「安全・安心」への関心が高くなっています。今後、ますます「より安全でより安心な製品、管理体制」が求められるようになるでしょう。そのためには、経営トップだけでなく、社員一人ひとりの自覚が重要です。
安全に対する考え方を学ぶことによって、自らの身を守るだけでなく、周りの社員やお客様への安全の配慮ができるようになります。安全は、品質の良い製品を、効率良く生み出す職場の基本条件です。

誰もが理解しやすい身近な事例を通じ、自分の職場ではどのようなケースが想定されるか、そのために何をすべきかを考え、実践する力を養います。

講座の特色

  • 安全に対する心構えを学びます。
  • リスクアセスメント、ハインリッヒの法則など、安全に関する基礎用語を学びます。
  • 職場ですぐに実践できるように、KYTなどのノウハウを学びます。

教材構成

  • テキスト1冊
  • レポート回数:2回

主な項目

No. 主な項目
1
1章 安全とは?
  • 安全って何だろう?
  • 労働災害、略して労災
  • 仕事に関連する病気やけがは労災保険
  • 安全・品質・コストではどれが一番大切?
  • 良い人間関係が安全な職場を作る
  • 安全を守る体制作り
  • OSHMSで事故を防ぐ
2章 服装と職場環境も事故に関係する!
  • 服装の乱れは心の乱れ!?
  • ちょっとだから……保護具なしで本当に大丈夫!?
  • 快適な環境で安全作業
  • 5Sができない汚い職場は危険信号!?
  • 体が悲鳴をあげる無理な姿勢
3章 ルールを守って安全作業
  • 自己流の作業は危険がいっぱい!?
  • 日々の点検・整備が大きな事故を防ぐ!?
  • 安全装置でうっかり防止
  • 指差し呼称でしっかり確認!
  • 「ビリッ」見えない電気に要注意!
  • 小さいものでも大きな被害!?有害物・危険物の取扱い
  • 機械の取扱いは慎重に!
  • 「火事だ!」に備える
  • 社内でも起こる交通事故!?
4章 危険をなくしていこう!
  • 1つの事故に隠れる300のヒヤリ!?―ハインリッヒの法則―
  • ヒヤリハット
  • リスクアセスメントで危険を減らす!
  • 危険を見つける練習!危険予知訓練(KYT)
  • 「人」は完璧じゃない!?ヒューマンエラー
  • ヒューマンエラーを防ぐには……  ありがちなミス防止!ボンミス・ポカよけ
  • 慣れと思い込みは大敵!「今まで大丈夫」は「今後も大丈夫」じゃない!
2
5章 現状維持から改善へ
  • 作業の仕方を見直そう!作業改善
  • PDCAサイクルでさらに安全な職場を作ろう
  • 現場から提案!QC活動
  • ムリ・ムラ・ムダをなくそう!
  • 見える化
6章 落ち着いて事故対応
  • 事故が起こってしまったら!?
  • 最初の対応が生死を分ける!?救急処置
7章 情報を共有しても秘密は守る!
  • みんなで情報を共有して安全な職場づくり
  • 報連相で危険を予防しよう!
  • 知られてはいけない情報を守る!情報漏えいの防止
8章 健康バッチリ!安全作業
  • 健康診断で、ふだんは気付かない病気をチェック!
  • 心の風邪!?メンタルヘルス
  • 無茶な働きすぎは危険を招く!?過重労働
  • 作業が原因で病気になる可能性が!?
9章 まだある安全対策
  • 外からの危険!防犯対策
  • 商品にも責任を持つ!製造物責任法(PL法)
  • パソコンにも安全を!

受講者の声

職場で役立ちました。安全安心を常に心がけているので非常によかったです。製造業にはぴったりです。

自分もベテランの域に達し、安全面でおろそかにしている面がありましたが、あらためて安全の大切さを再認識できました。安全は自分のためですから……。

新入社員教育の資料として役立つ内容でした。

報告書に添付するなぜなぜ解析の考え方がよくわかりました。

各項目の記載内容がとてもわかりやすくて、理解できた点が良かったと思いました。

職長教育で安全について教育を受けましたが、あらためて再認識できました。

安全標語等で目にするQCサークル、KYK、KYTというような言葉の意味がわかり、さらに実際の内容について把握する事ができました。

安全に対する意識が高まった。

初心に帰って基本を考えることができた。

現場管理もするので、安全に対する考え方を学べた。今後もこの教材を活用していきたい。

安全について理解できた。

資料がわかりやすかった。

今さらながら再確認できたことがあった。