JTEX ホームページ > 現場力(生産・製造) > 図解 自働化カイゼン入門〜からくりあれこれ〜

図解 自働化カイゼン入門
〜からくりあれこれ〜
  H54

【2018年4月開講予定】





● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
2か月 15,120円 17,280円

● こんなコースです  
「からくり」と「ものづくり」の基本が楽しんで学べます
 改善は、“らくに・よく・はやく・やすく・あんぜんに”することが目標ですが、それは一人ひとりのちょっとした「気づき」によって生まれます。その改善のポイントを、「からくり」と「インダストリアルエンジニアリング」を通して学んでいきます。
 この講座では、“らくに・よく・はやく・やすく・あんぜんに”改善するポイントを、受講者のみなさんにいかに早く気づいてもらえるかについての工夫がなされています。改善は、作業者一人ひとりのちょっとした「気づき」から生まれるものだからです。
 からくりは「作業に見合った簡単な仕掛け」という意味です。それは、作業グループの皆さんが、お金をかけないでそれぞれ知恵を出し合い、工夫して作り出すものです。
 テキストには「からくり」を簡単に作り出すためのヒントを数多く図解しており、改善の実際例についてもその改善に至った着想のポイントを具体的に説明しています。
 この講座ではここで学んだことを、いかに実際の現場の中で生かしていくかに重点を置いて構成されています。
● ねらいと特色  
日本の自働化技術の原点である「からくり」の基本となる考え方として、機械要素と動力の発生・伝達のメカニズムについて学習します。
学んだメカニズムを具体的な「からくり」に応用するためのヒントを学習します。
ものづくりの科学的管理法の集大成である、インダストリアルエンジニアリングを学習します。
からくりの基本的な事項が豊富な図解を通して学べます。
からくりによる作業の個別改善だけでなく、それを活用した工程改善が学べます。
筆者の工場改善事例を公開します。工場では何が起こっているのか、どうしたら改善へと進めるかが手に取るように分かります。
● 教材構成  
・テキスト1冊
・レポート回数:2回

No. 主 な 項 目
1 第1章 メカニズムの基礎
 機械のもとをつくる機械要素
  (1)クサビ  (2)ねじ  (3)ばね
第2章 動力の発生と伝達
 動力の発生
  (1)エネルギー源  (2)エネルギーの変換と利用
  (3)動力発生のしくみ
 動力の伝達
  (1)歯車  (2)  ベルトとチェーン
  (3)カム  (4)軸継手  他
第3章 メカニズムの応用
 メカニズムを「からくりを使ったカイゼン」に結び付ける簡単な例を10程度挙げる
2 第4章 ものづくり研究〜時間について
 (1)IE(経営工学)の基本事項
    IEの定義  経営工学の創始者  時代背景
    からくりの登場  トヨタ式の発祥  他
 (2)からくり道具の適用
    テーラーのシャベル作業  茶運び人形  弓曳童子から
    トヨタ式木製動力織機  他
第5章 ものづくり研究〜動作について
 動作研究
  (1)経営工学の創始者ギルブレス
  (2)モーションマインド  他
 工程分析
  (1)作業と工程  (2)工程分析記号
  (3)工程分析  (4)工程編成  他
第6章 からくりを利用した工場カイゼン事例
 目標管理システム  クリーンルームの立上げと運営管理
 半田付け  VCM(ボイスコイルモーター)
 車載部品の生産  流れ生産  U字ライン  他

※ 内容は、一部変更される可能性があります。