JTEX ホームページ > ものづくり(技術) > 材料力学

材 料 力 学   M22


● 受講期間   ● 団体受講料(税込) ● 個人受講料(税込)
3か月 16,200円 18,360円

● ねらい  
機械系基礎講座群のひとつ、機械設計には必須!!
 材料力学は、機械や構造物の各部を構成している材料が外力を受けた場合、どの程度の強さをもっているか、また変形はどうかなどを研究する学問で、機械を学ぼうとする方にとって、重要な基礎学科のひとつです。
 しかし、材料力学は「むずかしい」というイメージがあります。
 本講座は、このような難点を解消し、興味をもって学習できるように、内容は平易な文章と図入りで説明し、練習問題は正解までの過程をていねいに解説して、誰にでもよくわかるようにまとめました。
● 学習目標  
材料力学の基礎理論である応力とひずみ、許容応力の求め方、安全率などのほかに圧力容器の強さ、軸およびはりの強さの計算方法が理解できます。
機械設計や技能士の受検に役立てることができます。
● 教材構成  
・テキスト2冊
・レポート回数:3回

No. 主 な 項 目
1 材料力学の基礎理論と、応力とひずみの関係および安全率などを学ぶ
1章 応力とひずみ
 ・荷重と応力 ・荷重とひずみ ・応力とひずみの関係
 ・塑性と応力発生 ・応力発生と許容応力
2 圧力容器の強さ、はりにかかる荷重によって生じる現象などを学ぶ
2章 内圧を受ける容器と弾性エネルギ
 ・圧力を受ける円筒と薄肉球の強さ ・弾性エネルギと荷重
3章 はり
 ・はりの種類とはりに働く力 ・はりのせん断力と曲げモーメント
 ・片持ばりのせん断力図と曲げモーメント図
 ・両端支持ばりのせん断力図と曲げモーメント図
3 軸は、ねじり作用によってどのような応力を生じ、変形するかを学ぶ
4章 曲げとはり
 ・抵抗モーメントと曲げ応力 ・断面二次モーメントと断面係数
 ・はりの強さ ・平等強さのはり
5章 ねじり,座屈
 ・軸のねじり ・ねじりの公式
 ・軸のねじり強さ ・軸のねじりこわさ ・座屈
6章 曲げとねじり,その他の組合せ応力
 ・各種断面の軸のねじりとコイルばねの計算
 ・曲げとねじりの組合せ応力 ・その他の組合せ応力



◆ 受講者の声 ◆

  • 材料力学を勉強することで、ものづくりの際に気をつけなければいけない点を考えることができるようになりました。


  • 一番苦手としていた材料力学の勉強が、大学で受けた講義より、数段とわかりやすく理解できました。


  • 例題が多く、ていねいに解説してあるのでわかりやすかったです。


  • 物を設計する上でとても勉強になることが多かったです。


  • いきなり微積分による説明ではないところがとっつきやすくて良かったと思います。


  • 具体的な絵が多く,イメージしやすいつくりになっていると感じました。



支払方法は
佐川急便e-コレクト(代金引換)
のみです。
別画面が開きます。
受講申込書をダウンロード
して下さい。