初級技術者のための「プラスチック材料と成形品設計」|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. ものづくり(技術)
  4. 技術者基礎
  5. 初級技術者のための「プラスチック材料と成形品設計」

講座詳細

初級技術者のための「プラスチック材料と成形品設計」

講座コード: M26

受講期間:3ヵ月

レベル:入門 初級 

レポート提出方式:

特別受講料(税込):18,360

一般受講料(税込):20,520

お申込み(個人)

お申込み(法人)

会員ログインすると講座資料がダウンロードできます。
ログインはこちら。

ねらい

プラスチック成形品設計初級技術者を養成!

プラスチックは、開発されてわずか百数十年ですが、いまや鉄鋼をしのぐ有用素材として、自動車、電子機器、日用品に至るまで、あらゆる分野で利用されています。
プラスチックの種類は数多く、成形品設計をするには、まずプラスチック材料の種類、特徴の知識が必要です。

本講座では、使用目的にあった材料選択ができるよう、まずそれらの理解を深め、それから成形品設計の基本、実務例等を学習して、プラスチック成形品設計初級技術者を養成します。

講座の特色

  • プラスチックに造詣がなくても入りやすく、また講座修了後、一定レベルのプラスチック成形品設計の技術者になれます。
  • 「プラスチックの名称は知っていても中味はどうも」という方でも、相当の知識が吸収できる内容です。
  • プラスチック材料を系統的につかめるようになります。他素材との比較も行います。

教材構成

  • テキスト2冊
  • レポート回数:3回

主な項目

No. 主な項目
1
1章 プラスチック成形の基礎
  • プラスチックのあらまし
  • プラスチック成形とは
  • 熱可塑性プラスチックの射出成形のあらまし
  • 射出成形機のあらまし
  • 金型のあらまし
2
2章 熱可塑性プラスチック材料
  • 熱可塑性プラスチック材料の分類・現状とその用途
  • それぞれのプラスチック材料の性質について
  • プラスチック材料の選び方と応用例
  • 材料に関する各種データ
3章 プラスチック成形品設計の基礎
  • 成形品設計をするにあたって
  • プラスチック成形品の精度
3
3章 プラスチック成形品設計の基礎(続き)
  • 成形品設計の基本
4章 プラスチック成形品設計の応用
  • 設計手法(ドラフター製図からCADへ)
  • CAD/CAM/CAE
  • 成形品設計の事例と解説

受講者の声

プラスチックに関する基礎知識、プラスチック成形の基礎について、しっかり学ぶことができました。

今後の業務で成形を行うことがあるので、基礎的なことが勉強できて良かったです。

ネットで検索するだけではわからない部分が多くありました。レポートに取り組むなど、書くことによって頭に入ることが実感できました。

プラスチック材料について、多くの種類や分類のしかたがあることを学ぶことができました。

自分自身の知識として持ち合わせていなかったプラスチック材料について、入門的な学習ができてよかったです。

入社までに会社が取り扱っている製品の基礎(製造方法)を学ぶことができ、気が引き締まりました。

樹脂材の種類がよくわかった。