プレゼン資料作成自由自在2010-2016|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. パソコン操作
  4. プレゼン資料作成自由自在2010-2016

講座詳細

プレゼン資料作成自由自在2010-2016

講座コード: C39

受講期間:3ヵ月

レベル:初級 中級 

レポート提出方式:

特別受講料(税込):15,120

一般受講料(税込):17,280

お申込み(個人)

お申込み(法人)

会員ログインすると講座資料がダウンロードできます。
ログインはこちら。

ねらい

伝えたいことを“わかりやすく”伝える!
プレゼンテーションを得意分野にしよう!

ビジネスは人と人とのコミュニケーションで成り立っています。そこで必要なことは、自分の考えを相手に伝える(プレゼンテーションをする)ことです。その際には、「自分の言いたいことを言う」のではなく、「相手に自分の伝えたいことが伝わるようにする」ことが大切です。コミュニケーションの形態としては様々なものが考えられますが、どのような場合でも、資料とその説明がセットになっています。

コミュニケーションのための資料を作成する機会は誰にでもありますが、苦手意識を持っていたり、特に意識せず作っていることが多いのではないでしょうか。せっかくの機会ですから、効果的に、しかも効率よく自分の伝えたいことを「プレゼンテーション」したいものです。

本講座では、わかりやすいプレゼンテーションのための「資料作成」を学びます。
「わかりやすい資料」とはどのようなものかを考えながら、感覚的な「わかりやすい」から一歩踏み込んだ学習をします。そして、平均点以上の「わかりやすい」資料が作成できるようになることを目標としています。
資料をわかりやすくするためには、高度な技術は必要ありません。広い会議室で使うスライドでは、細かい字で書かれた情報まで必要ない場合も多いでしょう。また、フォントや色を使いすぎたり、テクニックに走りすぎると、逆に「わかりにくく」なってしまうものです。難しいパソコン操作ができなくても、コツをつかめば、わかりやすい資料が作成できるのです。

本講座で学べば「わかりやすい資料作成」に必ず自信が持てます。プレゼンテーション場面での説明の機会が多く、説明の技術をステップアップしたい方は、「わかりやすい説明の技術コース」もご受講されることをおすすめします。

講座の特色

  • 「わかりやすい」という観点から、資料作成を学びます。
  • PowerPointはもちろん、Word、Excelでの資料作成も学びます。それぞれのソフトの特徴、共通点をつかんで効率的に使えるようになります。
  • よく使う操作については、具体的な例で、資料作成の手順を学びます。

※ 学習には、PowerPoint・Word・Excelの2010のソフトウェアが必要です。
※ 操作手順は、OSをWindows7をベースに書かれています。

教材構成

  • テキスト1冊
  • レポート回数:3回

主な項目

No. 主な項目
1
第1章 「わかりやすさ」とは
  • ビジネスはコミュニケーション
  • 人に伝えるための一連の流れ
  • ビジネスでよく使われる資料
  • 資料の構成要素
  • 「わかりにくさ」と「わかりやすさ」
  • わかりやすくするには1
  • わかりやすくするには2
  • わかりやすい文章を作る
  • 図解表現力アップのために
第2章 パソコンの基本操作
  • 電源のON/OFF
  • マウス操作
  • ウィンドウ操作
  • 文字入力
  • キーボード操作
  • アプリケーションの開き方
  • ファイルとフォルダ
  • 操作の効率化
  • Office2010の使い方
  • ダイアログボックス操作
  • Microsoft Officeソフトの比較
第3章 図形描画の基本操作
  • 描画の基本
  • 図形描画の基本
  • 図形処理の基本操作
  • 図形の見せ方
2
第4章 わかりやすい文書を作る
  • 文書の基本
  • 基本設定
  • 文章の見せ方
第5章 わかりやすい表を作る
  • 表の基本
  • 表の作り方
  • 表の見せ方
第6章 わかりやすいグラフの作成
  • グラフの基本
  • グラフの描き方
  • グラフの見せ方
  • 個々のグラフの作成ポイント
3
第7章 わかりやすい図解を描く
  • 図解の基本
  • SmartArtを使う
  • 自分で描く
第8章 わかりやすいページを作る
  • ページに関する基本
  • 基本設定とページ作成の流れ
  • ページの見せ方
第9章 わかりやすい展開を作る
  • 画面の切り替え効果
  • アニメーション効果
第10章 保存と印刷
  • 保存
  • 印刷

受講者の声

こんな便利な方法があったのかと思うことが多く、楽しく学びました。

描画ツールなど、今まで使ったことのないツールを確認できました。

PowerPointは自己流で使っていたので、きちんと使い方を勉強できてよかったです。

必要にせまられて最小限の機能だけ使っていたので、あらためて色々な使い方ができると感じました。日常の作業に役立てることができました。

パソコンが苦手でしたが、少しだけ克服するきっかけになりました。テキストが心強いです。

ほぼすべて独学で社内文書等作成していたので、改めて勉強できてよかった。SmartArtとコネクタは初めて使用しました。実技の課題があってよかった。

PowerPoint、Excel、Wordで知らなかった機能を知ることができたこと。

仕事が効率的にできるようなコツをつかむことができた。