化学工学の基礎|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace

講座詳細

化学工学の基礎

講座コード: S35

受講期間:4ヵ月

レベル:初級 中級 

レポート提出方式:

団体受講料(税込):17,280

個人受講料(税込):19,440

お申込み(個人)

お申込み(法人)

会員ログインすると講座資料がダウンロードできます。
ログインはこちら。

ねらい

化学プラントを工学的な目で捉える基礎となる力を養おう!!

化学工業のプロセスとプラントは、市場ニーズに応えるために、研究が絶えず行われ、改良されてきています。
本講座では、プロセスやプラントを工学的な目で見る力を養うことを目的としています。化学工学の体系を基礎的に捉え、段階的に学習していきます。

講座の特色

  • プラントを構成する一連の機器の役割や特性を理解し、これらを適切に運転・管理するために必要な基礎的な考え方が身につきます。
  • プロセスの合理的な設計、制作に当たって必要な「工学的に見る目」が養成されます。

教材構成

  • テキスト2冊
  • レポート回数:4回

主な項目

No. 主な項目
1
化学工学の役割を理解し、化学工学の基礎計算の手法を学ぶ
  • 化学工業のプロセスとプラント
  • 化学工業と化学工学
  • 化学工学に関する単位と次元
  • 混合物の組成と濃度
2
流れのエネルギー収支や化学工業で熱がどのように利用されているか考えてみよう
  • 流体の流れ
  • 流れのエネルギー収支
  • 流体輸送の動力
  • 伝熱の機構
  • 伝導による熱移動
  • 対流による熱移動
3
異相間の物質移動による分離操作の原理、機械的な分離操作の特性を学ぶ
  • 物質移動操作
  • 調湿
  • 乾燥
  • 蒸留
  • ガス吸収
  • 抽出
  • 粉粒体の性質
  • 液体中の粉流体
  • 機械的な分離装置
4
反応操作の特性、生産工程での計測、調節の技術、研究から工業化までの概要を学ぶ
  • 反応装置の特性
  • 回分式反応装置
  • 連続式反応装置
  • プロセスの変量の計測
  • 計測・制御用機器
  • 自動制御
  • 基礎研究から工業化
  • 研究・開発

受講者の声

化学プラントで働いているのですが、これまで知らなかった原理や構造を学ぶことができました。

流体輸送や熱の移動の計算など、大学時代に学んだまま使わずに忘れかけていたものを、思い出すきっかけになってよかったと思います。

化学工学は今まで学習したことがない分野で、かつ、業務上必要となった分野でしたので、とても役に立ちました。

この講座の学習で化学工学の計算に触れることができ、勉強するきっかけとなりました。

レポートで先生の講評を参考に復習したところ、理解が深まりました。誤答に対してヒントを示唆してくださったのでわかりやすかったです。

一般書籍の学習では難しいと思われた“化学工場”について、基礎を一通り学べたこと。演習が多かったこともありがたかった。