HACCPの基礎としての 食品衛生7S入門|JTEX 職業訓練法人日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

Web提出受講者専用ページ

JTEXが取り組むSDGsの目標
プライバシーマーク制度
SuperGrace
  • Twitter
  • YouTube JTEXチャンネル
-最新情報をお届けいたします-
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. 業界基礎
  4. 食品
  5. HACCPの基礎としての 食品衛生7S入門

講座詳細

HACCPの基礎としての 食品衛生7S入門

講座コード: B29

受講期間:3ヵ月

レベル:入門 初級 

レポート提出方式:

特別受講料(税込):16,500

一般受講料(税込):18,700

お申込み(個人)

カゴに入れる

お申込み(法人)

講座資料をダウンロードする

こんなコースです

食品衛生7Sの基礎から、実践に役立つノウハウを幅広く学習する。
 本講座テーマの「食品衛生7S」とは、従来の効率化重視の5Sとは異なり、「整理」「整頓」「清掃」「洗浄」「殺菌」「しつけ」「清潔」の7つで構成されています。食の安全・安心を得るため「清掃」を「清掃・洗浄・殺菌」に分け、見てわかる汚れの管理から、微生物を直接制御する殺菌までを考えたもので「清潔」を主目的に位置づけているところに特徴があります。
 HACCPやISO 22000などとも密接な関わりを持つ「食品衛生7S」を理解し、実際の職場で活用できる実用教材で創意工夫・改善力を育て、組織の体質改善や風土づくりをめざします。

ねらいと特色

  • HACCP、ISO 22000の基礎である食品衛生7Sについての基礎知識を学習します。
  • PCO、ドライ化を踏まえ、洗浄・殺菌について学びます。
  • 7S活動の事例を見ながら、現場への実践的な取り組み方法を習得します。

教材構成

  • テキスト1冊
  • レポート回数:3回

主な項目

No. 主 な 項 目
1
第1章 HACCPの基礎としての食品衛生7Sを学ぶ
食品衛生7Sの目的
食品衛生法の改正におけるHACCPシステム
食品衛生7Sの実践方法
食品衛生7Sの実践はこうしてやろう
個人の資質向上と人材育成
全社的取り組みはトップのやる気から

第2章 整理・整頓
整理・整頓とは
整理・整頓の方法

第3章 清掃・洗浄・殺菌―洗浄を効果的に行うための清掃―
工業5Sと食品衛生7Sの清掃の違い
微生物を制御するための「殺菌」
洗浄における注意事項

第4章 洗浄剤と殺菌剤
洗浄剤、殺菌剤の種類および使用方法
洗浄と殺菌の関係と注意点

付録1 食品等全ての業者が対象となるHACCPの制度化
2
第5章 ペストコントロール
ペストコントロールの必要性とその効果
ペストコントロール業者の上手な利用方法

第6章 ドライ化
ドライ化の定義・目的・方法
ドライ化の効果

第7章 清潔
清潔とは
微生物学的な清潔とは

第8章 学習としつけ
食品衛生7Sと「しつけ」およびその学習・教育について
現場指導のリーダーに求められる資質とその育成
「しつけ」の導入効果

付録2 「HACCP導入の手引書」と食品衛生5S/7S
3
第9章 ISO 22000のPRPと食品衛生7S
ISO 22000と食品衛生7S
食品の安全は、微生物制御

第10章 食品衛生7S活動の推進委員会
食品衛生7S推進委員会の目的と構成
PDCAサイクルによる推進委員会活動

第11章 食品衛生7Sの効果
食品衛生7S活動をした漬物製造業の事例から
7Sは単なる清潔運動ではない!結果として企業利益に連なる!!

第12章 食品衛生7S活動による成果の事例
「しつけ」ができないときの人事考課活用事例
食品衛生7S活動の推進と委員会
QCサークル活動と類似した食品衛生7S活動
食品衛生7S活動の実践による不祥事からの立ち直り
牛の気持ちになって食品衛生7Sの実践

付録3 食品衛生7Sにおけるトップの責任

受講者の声

7SとISO、HACCPが関連していることが理解できた。ISO、HACCPへの関心が強まるきっかけとなった。平易な言葉、表現でわかりやすく、設問も良問であると思う。人の書いた添削指導は温かいサービスだと思います。
食品衛生7Sについて、体系的に学習することができました。
以前教育を受けたが、今の会社に来て忘れかけていた5Sのことを考え直し、思い出すことができました。
洗浄装置について、勉強し直すことができてよかったです。
書店ではこのようなテーマの教材が少なく、通信講座で学習できてよかったです。
食品製造・販売の会社に勤めて、グループリーダーをしているので、衛生管理や7Sの考え方について、指導・教育面でとても参考になりました。
特に「微生物レベルの清潔」については、とても勉強になりました。
製造業に直接関わる身分として、日頃の意識の大切さを学ぶことができ、これから食品衛生についてもっと深く知りたいという意欲がわきました。
お申し込みはこちら