食品工場の異物混入対策講座|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. 業界基礎
  4. 食品
  5. 食品工場の異物混入対策講座

講座詳細

食品工場の異物混入対策講座

講座コード: B26

受講期間:2ヵ月

レベル:入門 初級 

レポート提出方式:

特別受講料(税込):14,040

一般受講料(税込):16,200

お申込み(個人)

お申込み(法人)

会員ログインすると講座資料がダウンロードできます。
ログインはこちら。

ねらい

食品工場の異物混入対策の具体的方法をマスターする!

食品製造業の基本は衛生管理と異物混入防止です。
世界的な規模で農産物を輸入している日本の食品製造業は、異物の混入対策に多くの神経を使わなければなりません。
本講座では、具体的に異物混入の防止を企業全体で取り組むにはどうすればよいかを学習し、受講者の方が自社にとって最適な異物混入対策を構築していく力を身につけます。

講座の特色

  • 異物混入の防止とはどのようなことをすればよいのかを図表やチャートで理解します。
  • 実際に使用できる手順書や帳票などを使って学習します。

教材構成

  • テキスト1冊
  • レポート回数:2回

主な項目

No. 主な項目
1
第1章 企業の存続を左右する異物混入対策
  • 食品メーカーの作るものとは
  • 常に消費者の立場にたつ
第2章 企業全体で取り組む異物混入対策
  • 顧客のために全員で異物混入を防ぐ
  • クレームは企業発展のチャンス
第3章 異物とクレーム
  • クレームの原因
  • 毛髪の混入対策
第4章 工場環境の整備
  • 良い食品工場は外から見ても判断できる
  • 工場施設の周囲を見回る
第5章 作業者の服装
  • クレームの原因として多い異物「毛髪」を入れるのは作業員
2
第6章 クレームへの対応
  • クレームへの考え方
  • クレーム対応のポイント
第7章 異物混入防止方法
  • 選別機の種類と原理
  • 手選別の方法
第8章 一般的衛生管理
  • 自社の衛生管理状況をチェックしよう
  • 作業員の衛生管理の徹底
  • 原材料の衛生管理の徹底
第9章 HACCPシステムの構築
  • HACCPシステムとは
  • HACCPシステム導入ステップ
第10章 危機管理システムの確立のために
  • 危機管理システムの意義
  • 危機への対処法
  • 内部告発への対応
  • クレームにみる顧客第一主義

受講者の声

図表など説明が豊富でわかりやすい。実際の成功例や失敗例などが書かれており,たいへん参考になった。

男性 40代 酒造メーカー

お得意先(食品工場)へ高品質な容器を製造し、提供しなければならない立場の中で異物混入対策について学習し、たいへん勉強になったと思います。

男性 20代 容器メーカー

所属している部署がHACCP認証取得をしたが、取得したことに安心しなれたところへ、いま一度HACCPの本質である顧客指向を思い出させてもらった。

男性 30代 菓子メーカー

現場で「どうしてここまでしなくてはいけないのか」と思っていましたが、その理由が理解できました。

異物混入とHACCPについて知りたかったので、ちょうどよい講座でした。

異物混入は1人1人が注意するのも大事ですが、会社全体で考えることがわかってよかったです。

仕事をしている時に、だからこうなんだ、こうしないといけないんだ、と今まで以上に異物について目がいき、考えて行動するようになった。

今後の業務に即活かせる内容であった。

異物混入については何となく理解していたが、教本を読んでかなり勉強になりました。今後の仕事に活かせるように、何度も教本を読んで学習していきたいと感じました。

異物混入対策が詳しくわかり、現場にフィードバックできるようになった。

異物混入に対して少しずつではあるが勉強になったと思う。

担当講師より一言

食品工場において異物混入は,食品衛生とともに一番に気をつけるべきことです。 しかし,異物混入の防止は,それぞれの工場単位で独自に実施されます。 目前の問題解決のため,基本を押さえることを忘れてはいませんか?

この講座で,まずしっかりと基本を身につけた上で,工場を点検していくことをお勧めします。

(山川 茂宏,執筆担当)